シェア

1200本の色鉛筆で手作りしたギターが美しい

Burls Art/YouTube

Burls Art/YouTube

米国のユーチューバー・Burls Artさんが1月6日に披露した自作のエレクトリック・ギター。有名なフェンダー・ストラトキャスターを真似たそのギターは、ボディが色鉛筆で出来ている。

花瓶づくりがヒント

彼が色鉛筆でギターを作ろうと思い立ったきっかけは、2018年ごろからネットで流行している色鉛筆で作る花瓶だった。YouTubeには、そのハウツービデオが多くアップされている。

Burlsさんは趣味でギターを弾くので、どうせなら自分でよく使うものを作ろうと思い、エレキギターに決めたそうだ。

1,200本の色鉛筆を樹脂で固めて

彼は、まずAmazonでいちばん安い色鉛筆を大量に買った。本数は1200本。

次に短く切った色鉛筆を並べ、模型制作や手芸などで使われる「透明エポキシ樹脂」で固め、ギターのボディとなる板を作った。

Burls Art/YouTube

Burls Art/YouTube

Burls Art/YouTube

Burls Art/YouTube

出来上がった一枚板を型に沿って切り出し、部品を埋め込む穴や溝を掘り、表面にヤスリをかける。

Burls Art/YouTube

Burls Art/YouTube

Burls Art/YouTube

Burls Art/YouTube

表面をニスで仕上げ、部品やネックを取り付けて出来上がりだ。

Burls Art/YouTube

Burls Art/YouTube

Burls Art/YouTube

Burls Art/YouTube

費用は約5万4000円

Burlsさんは、これを作るのに1日2〜4時間ずつ作業し、4〜5週間ほどかかったという。費用は、色鉛筆代の他に工具を買い足したので合計で約500ドル(約5万4000円)。ギターのネックや電気部品などはすでに持っていたそうだ。

海外メディアの取材を受けた彼は、こんな感想を言っている。

これはすごくクールな、特別なギターと言えるんじゃないかな。ただし、今のところは、ね。

僕が作り方を公開したから、これから先同じアイディアで、もっとかっこいいギターを作る人が出てくると思うよ。

Posted: |Updated:

Text by Sophokles

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング