シェア

元ホームレスの男性がロンドンで最優秀バス運転手として表彰される

Homefinder UK/Facebook

Homefinder UK/Facebook

英ロンドンでバス運転手として働いているPat Lawsonさん(52歳)が、ロンドンでベスト・バスドライバーとして表彰された。

Lowsonさんは元ホームレスだったことが、海外メディアで話題になっている。

犯罪と貧困の世界から脱出

バス運転手になる前のLowsonさんは、犯罪と貧困の世界に身を置いていた。

10代の頃は「道を外れた仲間」と行動を共にし、麻薬と犯罪の「ダークな悪循環」に引きずり込まれたという。

海外メディアの取材を受けたLowsonさんはこう言っている。

僕は衝動的ですぐにカッとなっていました。それで学校を退学させられたのです。車を盗んで刑務所送りになり、そこで筋金入りの犯罪者たちと知り合い、悪い世界に引っ張り込まれました。

住む場所のなかった彼は路上で暮らし、ストリート新聞「ビッグイシュー」を売って生活の糧を得ていた。

そんな生活を20年間続けた彼は、2016年、ホームレス支援プロジェクト「Single Homeless Project」の援助を得て、ロンドン・Hackney Wick 〜 Waterloo Station間のバス運転手として就職する。

自身の過去を振り返って、こんなことを言っている。

大事なのは、自分を変えるのだという決意の強さです。僕はどん底にいましたが、慈善団体の援助をきっかけにして変わることができました。

2つの賞を受賞

2017年3月から働き始めたLowsonさんは抜群のカスタマーサービスを評価され、2018年7月にロンドン交通局から「Hello London Award」を授与された。

さらに10月には、英国のバス業界団体が主催する「UK Bus Awards」で、トップ・ロンドン・バスドライバー賞を贈られた。この賞は乗客の投票によって決まるもので、Lowsonさんは圧倒的多数の票を獲得したそうだ。

乗客の支持を受けた理由は、いつでも笑顔でフレンドリーなLowsonさんの対応だった。

Lowsonさん自身も、日頃からそれを意識していると語る。

乗客一人一人にグッド・モーニングと言って笑いかけています。これからもそうしていくつもりです。長くは続かないよ、と言う人もいますが、お客さんには続けて欲しいと言われるもので。

 

Posted: |Updated:

Text by Sophokles

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング