シェア

22階建てビルと同じ丈のジーンズがペルーに現る、世界最大でギネス世界記録に

Mall del Sur/Facebook

Mall del Sur/Facebook

ペルーの百貨店チェーンが世界最大のジーンズを作り、ギネス世界記録に認定された。

そのジーンズは、22階建てのビルとほぼ同じ丈がある。

50人がかりで6カ月間

ペルーの大手スーパーマーケットチェーンCencosudが国内展開する百貨店「パリ」と、ペルーのファッションブランド「Kansas」が協力して完成させたのがそのジーンズ。

2月20日、首都リマのミラフローレス地区にあるショッピングモールで一般公開された。

8,600メートルのデニム生地が使われており、重さは約6トン。幅42メートルで、長さ(丈)は22階建てビルとほぼ同じ65メートルもある。

実際に製作したのは百貨店とブランド「Kansas」のスタッフ。計50人ががりで6カ月かかったそうだ。

売られているものと同じ寸法比率

これまでの巨大ジーンズのギネス記録は、2009年5月23日にチュニジアで打ち立てられたものだった。

ファッションデザイン学校のデザイナーと学生15人が1ヶ月かけて作ったジーンズは、幅36メートル、長さ50メートル、重さ約1トン。今回のペルーのジーンズは、その大きさを十分に上回っている。

新記録を認定したギネス認定員・Natalia Ramírez Taleroさんによれば、巨大ジーンズの部門にはいくつかの条件があり、大きさだけでなく、生地の素材や寸法の比率が一般売りされているものと同じでなければならないそうだ。

もし上空から写真を撮れば、普通に売られているジーンズが街中に置かれているという、シュールな風景になるだろう。

このジーンズは1週間ほどショッピングモール「Mall del Sur」前の広場に展示された後、裁断されて1万個のエコバッグになり、百貨店で販売される予定だ。

Posted: |Updated:

Text by Sophokles

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング