シェア

NZで発電所建設中に約4万年前の丸太が見つかる。地磁気逆転の謎解くか

Top Energy NZ/Facebook

Top Energy NZ/Facebook

ニュージーランドで重さ60トン、およそ40,500年前の巨大丸太が見つかった。

発電所建設工事の最中に沼地から掘り出された丸太は、約40,000年前に地球に起こった地磁気逆転を解明する鍵を秘めている。

ニュージーランドの温泉地で

ニュージーランドのエネルギー企業「Top Energy」社は、発電所建設のために2017年から、同国北島の温泉地ナファ(Ngawha)で掘削工事を続けていたが、今年2月、地下9メートルの土中に巨大な倒木が埋まっているのを発見した。

その後、大規模な発掘作業によって全容を現した倒木は、全長16メートル、重さ60トン。そのままでは運搬不可能だったため、先端部と根元を切って3つの部分に分けて運ばれ、3月21日、ニュージーランドの先住民族であるマオリ族に移譲された。

地磁気逆転の謎を解く鍵

ニュージーランド・ワイカト大学の地質学者Alan Hogg氏によれば、この巨大丸太は40,500年ほど前のものになるとのこと。

地球では過去に、北と南の磁極が入れかわるという地磁気逆転現象が何度か起こっており、41,000年ほど前に起こった逆転はラシャンプ(Laschamp)イベントと呼ばれている。発見された丸太は、その当時生存していた可能性が高く、放射性炭素量を測定することで地磁気逆転が起こった正確な期間を特定できるそうだ。

地磁気が逆転すると、その期間磁場が弱まり、太陽の放射熱がより多く地表に到達するため、地球の気候に大きな影響を与える。つまりこの丸太は、地磁気逆転の謎の解明だけでなく、地球環境の変化を探る鍵にもなる。

「この木は非常に重要です。これほど古いものは、過去に発見された例がありませんから」とHogg氏は言う。

この丸太を詳しく調べることで、地質学上の様々な謎を解く手がかりが得られるだろうと、世界中の学者から期待が集まっているそうだ。

【訂正】掲載当初、丸太の樹齢について誤りがありました。確認が不十分でした。訂正してお詫びいたします。(2019年3月26日)

Posted: |Updated:

Text by Sophokles

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング