シェア

左腕のない少女が“キラキラを噴射する義手”を自作、博物館の展示品となる

msichicago/Instagram

msichicago/Instagram

ハンディキャップは、新しいものを生み出すきっかけにもなるのではないだろうか。

生まれつき片腕のない少女が、キラキラ光るラメの粉(グリッター)を噴射する義手を自作し、そのことを世の中に証明してみせた。

View this post on Instagram

A post shared by Museum of Science and Industry (@msichicago) on

ユニコーンとキラキラが好きな少女

米国イリノイ州のJordan Reevesさん(13歳)は、生まれつき片腕の肘から先がない。

そんな彼女が1年がかりで自作した特別な義手が、シカゴ科学産業博物館に展示されることになった。

その義手はユニコーンの角の形をしており、先端からキラキラ光る粉(グリッター)を噴射する。

View this post on Instagram

A post shared by Museum of Science and Industry (@msichicago) on

この特製義手を作ろうと思った理由について、彼女はこう言う。

体に障害のある私たちにとって、障害がマイナスになるとは限りません。それがきっかけとなって、いい結果が生まれることもあるんです。

私はキラキラ光るものとユニコーンが大好きでした。だから、この義手が魔法の世界のものだったらどうなるだろうか、と考えました。

完成まで約1年

その後、彼女はさまざまな試作品で実験を繰り返し、最終的にはユニコーンの角をイメージしたプラスチック製のノズルを、3Dプリンターで作ることになった。

ノズルの先端から圧縮空気で噴出させる光る粉の飛距離は、約1.8メートル。

この魔法の義手は、シカゴ科学産業博物館で開かれているウエアラブルデバイスをテーマにした企画展「Wired to Wear」で、2020年5月まで展示されることになっている。

私たちが他の人と違うということは、悪いことではありません。見てください、それはすごく楽しいことでもあるんです。

View this post on Instagram

A post shared by Born Just Right (@bjrorg) on

展示ケースの前でメディアの取材を受けた彼女はこう言っている。

シカゴ科学産業博物館の学芸員長であるKathleen McCarthyさんは、彼女のクリエイティブな発想を褒めてこうコメントしている。

我々博物館のスタッフは、今回の企画展のために彼女(Jordanさん)のような人を探していました。彼女にはクリエイティブなアイディアがあります。そこから生まれたものは、ウエアラブル・テクノロジーの将来を予見させてくれます。

Posted: |Updated:

Text by Sophokles

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング