シェア

米国の刑務所がネコを飼い始めたら、囚人たちに変化が現れた

Pendleton Correctional Facility_FORWARD/Facebook

Pendleton Correctional Facility_FORWARD/Facebook

ペットには飼い主の気持ちを癒す効果があると言われている。この効果は、普通の飼い主にだけでなく、刑務所に入っている囚人たちにも及ぶようだ。

米国インディアナ州の動物保護連盟が、同州のペンドルトン刑務所と協力して2015年から進めている、捨てネコ受け入れプログラムが効果を上げている。

囚人たちがネコの世話

「F.O.R.W.A.R.D.」と名付けられているそのプログラムは、動物保護施設に収容されている捨てネコたちを刑務所が受け入れ、囚人たちが世話をするというもの。

動物保護施設に収容されているネコは、長い間人間から酷い扱いを受けていることが多く、その結果人を恐れるようになり、里親候補がいても引き取ってもらえない場合が多い。

人を信頼できなくなったネコたちに必要なのは、誰かが根気よく愛情を注いでやり、人への信頼を回復してやることだ。

このプログラムでは、囚人たちが日課の一つとしてネコに餌をやり、糞の始末をし、毛づくろいをしてやることになっている。

これはネコにとって良いだけでなく、囚人たちにもいいことだ。生き物に触れ、責任を持って育てるという、人として大切な経験をするいい機会になっている、と動物保護連盟のMaleah Stringerさんは言う。

ネコの世話をする収容者の中には、何かを気遣い、それに愛情を注いだことなど生まれて初めてだ、と言う人が多くいますよ。

動物保護連盟のホームページにはこう書かれている。

このプログラムは囚人たちに、3つのものを教えます。1つは、責任とは何かということ。もう1つは、問題が起こった時に暴力で解決せず、仲間との話し合いで解決する方法。そしてもう1つは、ペットに向ける無条件の愛情です。どれも、囚人たちがこれまで知りもしなかったことと言えます。

同様のプログラムが米国の刑務所に広がる

海外メディアによれば、これと同じプログラムが米国の他の刑務所でも実施され始めている。

特に成果が上がっているのが、米国で2番目に大きいワシントン州モンロー刑務所の、精神疾患を持つ囚人を収容するユニットだそう。

Posted: |Updated:

Text by Sophokles

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング