シェア

不動産業者が見た「ヘンな売り物件」

Venessa Van Winkle/Facebook

Venessa Van Winkle/Facebook

不動産関係の仕事をしている人は、多くの家を見ている。プライベートな空間として人目に触れることがなかった家の中も、売り物件となれば不動産業者の目に触れることになる。

米国テキサス州で不動産会社「Van Winkle Real Estate Group」を経営するVenessa Van Winkleさんは、これまでに奇妙な家をいろいろ見てきたという。

彼女は、仲間の不動産業者にも声をかけ、実際に売りに出されている不思議な家の写真を集め、Facebookで公開している。これが、目を疑うほど面白い。

リビング? トイレ?

リビングなのかトイレなのか分からない部屋。究極のワンルームと言えなくもないが……

階段を登るとそこはバスタブだった

よく見ると、右下に階段がある。このバスタブは、階段を登り切ったところにある。頭が混乱してくる。

シャンデリアはなぜズレた?

本来なら、円形のレリーフの中央に取り付けるものだろう。残念。

仲良しトイレ

メリットは、2人でお喋りしながら用を足せること。

コピペ窓

まるでコピー&ペーストしたような窓の連続。改築でこうしたのだろうが、ここまで同じ窓にこだわった理由が知りたい。

これはこれでいいのかも

キッチンの反対側には、明るい日が降り注ぐバスタブ。慣れてしまえばいこれもいいのかも知れないが……

圧迫感が強いトイレ

スペースがなかったのでこういう設計になったのだろう。それは分かるが、他にどうにかならなかったのか?

なぜカーテンレールを山型に?

斜めに取り付けたカーテンレールでは、閉めたカーテンがずり下がってしまうのではないか? それで中央の短いカーテンがあるのか? カーテンレールを水平に付け直せばいいものを、なぜそうしない? 謎は深まるばかり。

これは……

元住んでいた人が取り付けたものだろうが、その趣味が……怖い。

リビングに謎の柵

上の屋内バルコニーに柵があるのは分かる。だが、一階の柵は何のために? 階段から転げ落ちた時に、そこでストップさせるためか?

合わせ鏡の手洗い

手を洗う度に、いくつもの自分の顔がここに映る。想像しただけで頭がクラクラしてくる。

Posted: |Updated:

Text by Sophokles

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング