シェア

パニックを起こした男児を白雪姫が落ち着かせる

Lauren Bergner/Facebook

Lauren Bergner/Facebook

米国のディズニーワールドで白雪姫に扮したキャストが、パニック発作を起こした6歳の自閉症児を、魔法のような優しさで落ち着かせてしまった。

感激した母親がその様子を撮ってFacebookに投稿したところ、一週間で15万回以上シェアされ、50万を超えるいいねが付いた。

人混みと猛暑で子供がパニックに

8月25日、米国フロリダ州オーランドにあるディズニーワールドを訪れていたBergnerさん一家。3人いる子供のうち、6歳のBrody君は自閉症があり、現在は言葉を話さない。

そんなBrody君は、その日の暑さと、ディズニーワールドの人混みに圧倒されたようで、白雪姫と写真を撮る直前になってパニック発作を起こした。彼の場合は泣く、叫ぶ、暴れるなど誰も手がつけられない状態になる。

Brodyのことは責められません。その時は暑さでオーバーヒートし、汗をかき、周囲の全てのものに圧倒されて泣き出してしまったんです。

と母親のLauren Bergnerさんは言う。もちろんLaurenさんは子供を落ち着かせようとしたが、どうにもならず、彼女自身もフラストレーションで泣き出してしまったそうだ。

白雪姫の優しい抱擁

こんな様子を見た白雪姫のキャストは、Brody君にキスし、優しく抱いた。そして手を引いて、彼を人の居ない場所に連れて行ったそうだ。LaurenさんはFacebookにこう書いている。

白雪姫は、Brodyが自閉症で特別なケアを必要としていることがわかっていました! 彼女はBrodyを散歩させ、人混みから離れる時間を作ってくれたのです!! これは本当の魔法です!!

また、Laurenさんは後日ディズニーワールドに送った感謝のメールの中で、こうも書いている。

白雪姫の子供への対応は素晴らしいものでした!  彼女は子供にキスし、抱いてくれました。彼女の膝の上で子供は泣きました。

それから彼女は、子供を人混みから連れ出して、散歩させてくれました! それにはとても感激しました。子供と手を繋いで一緒に踊ったり、ベンチに連れて行って一緒に座ってくれたりしました。

白雪姫がBrody君を連れ出した時、その場には写真撮影の順番を待つ人の長い列ができていたそうだ。Laurenさんは並んだ人たちが怒り出すのではないかと思っていたらしいが、その人たちから拍手が起こったという。

Posted: |Updated:

Text by Sophokles

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング