シェア

家族旅行中のパパ、すぐにパイロットが来ない旅客機を自ら操縦して遅延を防ぐ

Michelle Hannah Potts/Facebook

Michelle Hannah Potts/Facebook

スペイン行きのeasyJet(イージージェット)機が2時間遅れとアナウンスされたとき、乗客の中にいた家族旅行中のパイロットが申し出てその飛行機を操縦した。家族はもちろん、乗客たちからも盛大な拍手を受けた。

パイロットが揃わず遅延

家族を連れてeasyJetでスペイン・アリカンテに行く予定だったMichael Bradleyさんは、9月2日、イギリス・マンチェスター空港からの出発便が飛び立てなくなっていることを知った。

その理由は、昨日フランスの空港で発生した通信障害の余波。航空ダイヤが乱れただけでなく、パイロットのシフトも狂い、正規のパイロットがBradleyさんの便を操縦できなくなっていたという。

代替パイロットが見つかるまで2時間かかるらしい、と妻から聞いたBradleyさんは自身もeasyJet社のパイロット。「会社に電話してみてもいいかもしれない」と思ったそうだ。

海外メディアにこう話している。

手荷物検査場に入る直前になって、会社に電話してみてもいいかもしれないと思ったんです。どうしてかというと、やはり旅行に行きたかったからですね。

それで、easyJetに電話して「ハイ、今ターミナルに並んで何もしていないんですが、ライセンスは持ってます、IDも持ってます、で、休暇の旅行にはとても行きたいんです。もしそちらが協力を必要としているなら、私は用意ができてます」と言いました。

むこうは「折り返し電話する」と言い、38秒後にかかってきた電話で「プリーズ、プリーズ、特別にお願いするから、そのアリカンテ行きを飛ばしてもらえないだろうか」と言われました。

乗客は大喜び

Bradleyさんは私服のまま乗客の前に立ち、機内のマイクで自分が機を飛ばすとアナウンス。乗客たちからは一斉に拍手が起こった。

その様子を、乗客の一人、Michelle Hannah PottsさんがFacebookに投稿している。

Pottsさんは動画にこんなコメントをつけている。

空港に着くとフライトは2時間遅れでした。ところがもう一度掲示を見ると、別のゲートから予定通りの時間に出発となっていたので、私たちは走ってゲートに向かいました。

係員に何があったのか尋ねると、彼は何でもないことのようにこう言いました。「パイロットがいなかったんだけどね、あなたの飛行機に乗るお客の一人が飛ばすことになったよ」

ラッキーなことにその人は本物のパイロットでした!! 彼がいなければ、私たちの便は欠航だったでしょう!

Posted: |Updated:

Text by Sophokles

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング