シェア

キスは遺伝子交換!!軽いキスでも口の中にはしばらく相手のDNAが残っていると判明:スロバキア大学研究

flickr_DavidMartynHunt

flickr_DavidMartynHunt

恋人同士が愛情を確かめ合う熱~いキスには、愛情表現の他にも意味があることがわかった。熱烈なキスを交わした男女の口の中にはしばらくの間、互いが保有していたバクテリアや体液、遺伝子が満ちているらしい。

スロバキアのコメニュウス大学、Natália Kamodyová女史のチームは12組のカップルを対象に調査を行った。各カップルには2分以上の熱烈なキスを交わしてもらい、キスの直後と5分、10分、30分、60分後に女性の口の中の唾液を採取、唾液に含まれるY染色体(男性が持つ染色体)の有無を確認した。その結果キスの後1時間が経過しても女性の口の中には相手の遺伝子が残っていることが判明したという。

他人のものがいつまでも口の中に残っているなんてイヤ!という方、同女史によればそれが犯罪解決の大きな手がかりになるというから無下にもできないようだ。例えば強姦や暴行、セクハラの被害に遭ったとき、時間が経っても犯人のDNAを特定でき、それが事件解決の大きな糸口になるのは明白だ。

今後は1時間以上経ってもDNAは残っているのか、死体の口腔内でも採取可能かなど、更なる研究が期待されているらしい。もちろん犯罪絡みでなくても、口腔内に残ったDNAを調べれば浮気が発覚する恐れもあるので要注意である!

Posted: |Updated:

注目の記事

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング