シェア

【続報】Yahoo!の在宅勤務者への通達に対し英実業家がTwitterで反撃

flickr_D@LY3D

flickr_D@LY3D

Yahoo!が在宅勤務者に対して出社勤務か退職を迫る通達を出したニュースを昨日お伝えした。このYahoo!の措置に対し、各界から非難の声が上がっている。英ヴァージングループ創設者である実業家リチャード・ブランソン氏は、自身のTwitterで今回のYahoo!の暴挙に対しいち早くつぶやいている。

同士のつぶやきは「Yahoo!のせいで在宅勤務者が窮地に追い込まれた。どこで働くか、どこで勝ち組になるか決めるのは本人である」というもの。

また自身のブログには「マリッサ・メイヤー氏の今回の決断は、容易かつ効率的に在宅勤務が可能になった現在の流れに逆行している。他人と仕事を成功させるには互いの信頼関係が不可欠だが、相手がどこにいようが余計な干渉などせず信頼できるかにかかっている。9時-5時の労働体制はもはや過去の話で、世界はつながっているんだ。これを受け入れられないような企業は成功しない」と痛烈に批判している。

同士の声に呼応するかのように、米各紙やニュースのウェブサイトでもYahoo!とマリッサ・メイヤー氏に対する非難の声は増す一方である。

Posted: |Updated:

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング