シェア

女性の方が男性よりリスキーな状況でのストレスに弱い

123RF

123RF

腕っぷしでは男性に敵わなくても、痛みや精神面では女性の方がタフ…そんなイメージがあるが、そうとは限らないようだ。

男性より女性の方がストレスに弱い

米スタンフォード大学の博士号取得候補者、スーザン・フィスク女史によれば、女性の方が男性に比べストレスに弱いという。

リスキーな状況では女性の不安感は急上昇し、周りが何を言おうと馬の耳に念仏、何の効果もないことが明らかに。

実際、18歳~81歳の女性にブレインストーミングの実験に参加してもらい、アイデアが良くない場合キャリアに傷が付くか、それとも何の支障もないか考えてもらったところ、女性たちの不安感は13%増したという。

ちなみに男性の場合は何の影響もなかったとか。

特にハイリスク、ハイリターンの状況に弱い

 「これが女性の社会進出を阻む要因の1つと考えられる」と、社会学者である同女史は分析する。

また別の問題を解く実験では、お金を賭けるというリスキーな状況では、女性の正解率は11%減という結果に。

ビジネスではリスクも高いが、成功したときの利益も大きいといった場面が多いが、その様なケースにおける女性たちの不安は男性以上で、そのために実力を出し切れなかったり、尻込みしてしまうと考えられる。

「本来の力を発揮できるよう、女性にリスキーな状況やプレッシャーを与えないことが、会社にとっても、本人にとっても良いのでは」と、同女史は提言している。

尚同報告はAmerican Sociological Associationの年次総会の席で発表されたものである。

Posted: |Updated:

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング