シェア

“フチあり”のコンタクトレンズをつけると若返り、魅力もアップすることが明らかに

flickr_wetwebwork

flickr_wetwebwork

様々な種類のものが出回っているコンタクトレンズ。

アキュビューディファインも虹彩の周り、つまり瞳の外側の境界線に色を付けたものを販売しているが、この様なコンタクトレンズを装着すると若く、健康的に見えるようになるそうだ。

瞳の境界線が印象を決める

同社製品デザイナーのアンジー・バウアーズ女史によると、角膜と結膜の間の輪(瞳の外側の境界線)は「天然のアイライナー」と言われているそう。加齢や健康状態の悪化により、この白目と黒目の境界線は自然にぼんやりとにじむようになるとか。

同女史いわく、コンタクトで境界線をハッキリさせると、目の印象が変わり若く見える上、魅力的に見えることが証明されているという。

魅力度アップ

2011年、米カリフォルニア大学アーバイン校のPeshek D氏らは、白目と黒目の境界線と魅力度の関係を調査した。

調査対象者には境界線をデジタル加工した顔写真を見比べてもらい、その魅力を評価してもらう。ちなみに加工の有無に関わらず、顔の表情は同じで、唯一違うのはくだんの境界線が濃いか薄いかだけだった。

皆一様に顔のどこが変化したのかは知らされていなかったが、境界線がハッキリしている方が魅力的との評価が圧倒的だったという。

同氏らによると、境界線がハッキリしている人は「若くて健康的であることを示唆し、高い生殖能力に魅力を感じるのではないか」と分析している。

Posted: |Updated:

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking