シェア

食事も遊びも一緒!赤ちゃんの時に引き取ったクマと生活を共にする夫婦が衝撃的

The Quint/YouTube

The Quint/YouTube

ロシアに住む驚きのファミリーをご紹介しよう。

上の写真に写っているのが、Panteleenko夫妻と23歳になる養子のStepanである。ご覧のとおり、家族で食卓を囲んでいる真っ最中だ。

巨大なクマは家族の一員

誰が見てもかなりの違和感があるはず。Stepanは体長7フィート(約2メートル)、体重300ポンド(約140キロ)もある大きなクマなのだから。

Mail Onlineが伝えるところによると、Panteleenko夫妻は23年前、生後3か月のStepanを引き取った。森で母グマとはぐれ、弱っているところをハンターによって発見されたという。

今では立派に成長したStepan。山で遭遇したら一目散に逃げ出したくなる風貌の持ち主である。

一家の驚きの日常

しかし彼らは「家族」として、我々の想像をはるかに超える日常を送っている。

例えばコチラ▼

The Quint/YouTube

The Quint/YouTube

襲われているのではない。彼らはじゃれ合っているのだ。

また、庭先で読書も▼

The Quint/YouTube

The Quint/YouTube

Stepanはピクニックも大好きだそう▼

The Quint/YouTube

The Quint/YouTube

家族でボール遊び▼

The Quint/YouTube

The Quint/YouTube

先に「我々の想像を超える日常」と申し上げたが、彼らの暮らしが、そこら辺の家族と変わらなさすぎて逆に驚く。

「誰が何と言おうと、Stepanは人が大好きで愛嬌のあるクマ。怖い思いをしたことも噛まれたことも1度もない」という夫妻の話どおりなのだろう。

うち1人がクマであることを忘れてしまうような、家族の日常をご覧いただきたい。

彼らの暮らしを垣間見た人からは、「とても感銘を受けました」「すごい…」「お互いの愛情を感じる」「クマにっては最高の両親」「美しい光景」などと、驚きと感動のコメントが寄せられている。

Posted: |Updated:

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking