シェア

店員に話しかけてほしい人、ほしくない人が一目でわかる「買い物かご」のアイデアが賢い

hand_/reddit

hand_/reddit

買い物の際、店で店員にあれこれ質問したり、相談にのってもらったりしたい人がいる一方で、絶対に話しかけてもらいたくないという人もいる。

後者の場合、いくら「話しかけないでオーラ」を出しても、店員にその気持ちが伝わるとは限らない。

しかし、韓国の化粧品店が考えたこのアイデアなら、客の方は意思表示がばっちり、店員の方も相手の思いをはかり間違えることはない。

「賢い!」と世界中から称賛の声があがっている手法がこちら。

hand_/reddit

hand_/reddit

左側に積み重ねられた緑色のかごは「お構いなく」、つまり話しかけてもらいたくない客用のもの。

右側のオレンジ色のかごは「助けてほしい」人用で、店員のアドバイスを必要としている人が使用する。

これはRedditに投稿された写真で、「イニスフリー」の店内に設置された買い物かごである。

「この店では、店員に話しかけてほしいか、ほしくないかで、客に違ったかごを選ばせる」とある。

これで、客も店員も互いに気まずい思いをすることがなくなり、貴重な時間を無駄にすることもない。

同投稿は複数の海外メディアでも取り上げられ、「これはいい」「革新的」「人見知りにとっては夢みたい」と称賛される一方、素朴な疑問や問題点を指摘する声もあがっている。

・買い物の途中で気が変わったらどうするのだろう?「あの、ちょっといいですか?」「お客様は緑のかごをお持ちなのでお答えできません!」なんてことになったりして。

・そもそもイニスフリーでは、客1人に対して3人の店員がつく。内気な人には拷問に近い店がどう変わるか見ものです。

・ほしい方のかごがなくなってたらどうする?

・「アドバイスは欲しい。でもあまりしつこいのはイヤ」という場合は?

大きな反響のあったくだんのアイデア。買い物の際、思うところのある人が多い証拠と言えるだろう。

    Posted: |Updated:

    前の記事を見る

    次の記事を見る

    注目の記事

    Ranking