シェア

互いに譲り合った結果、複数の宗教と民族が混在する地下鉄車内の写真に7万人がいいね!

Jackie Summers/Facebook

Jackie Summers/Facebook

米ニューヨークの地下鉄内で目撃された光景が、一部の海外メディアで取り上げられるなど、注目を集めている。

人種のるつぼと言われるニューヨーク。ごく日常的な光景で、一昔前なら話題にもならなかった写真であろう。

アメリカらしさは健在

しかし、自国の利益を一番に考えるトランプ大統領を筆頭に、世界中で異なる民族や宗教を排除する傾向が強まっている昨今。

移民の受け入れに寛大で、様々な民族が混在するアメリカなど過去の話か…と、肩を落とさないでいただきたい。

ご安心あれ、かの「アメリカらしさ」はいまだ健在である。

複数の民族、宗教が混在

この写真を見て頂きたい。

これはニューヨークを走る地下鉄の車内で撮られたものだ。

座席の左側には共にユダヤ人のカップルが座っている。続いて荷物を挟んで、イスラム教徒の女性が膝に赤ちゃんを抱きミルクをあげている。

まさに異なる宗教、民族が入り混じった、実にニューヨークらしい風景だ。

ここまでに至る経緯が美しい

しかもこの状況を生むまでの経緯がまた素晴らしい。

これはブルックリンに住む、ジャッキー・サマーズさんという男性が自身のFacebookに投稿したもの。

投稿によると、元々座席に座っていたのはジャッキーさん本人だったようだ。

道教信者である私は、ユダヤ教徒のカップルが一緒に座れるように席を譲った。

するとそのカップルは、赤ちゃん連れのイスラム教徒の女性が座れるようにと、席を詰めた。

これがイースター(キリストの復活を祝う祭)の日曜日の出来事だ。

3つの異なる宗教の人々が、期せずして同じ車両に乗り合わせ、互いに温かい心遣いを見せた結果だったのである。しかもキリスト教徒にとって意味深い日に…というおまけ付き。

ジャッキーさんは次の言葉で投稿を結んでいる。

人々をそのまま受け入れる人々、これぞアメリカだ。

同投稿には10万人近い人がリアクションし、シェア数も7万件を超え話題に。

言わずもがな、「そのとおり!」「優しさの伝播ですね」「真のアメリカはまだ生きている!」「素敵すぎる」「だからNYが大好き」といった称賛の声が続出している。

Posted: |Updated:

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング