シェア

義理堅すぎる!木から落ちた主人に寄り添い続ける犬にジンとくる

Def Civil B. Blanca/Facebook

Def Civil B. Blanca/Facebook

義理堅すぎる!木から落ちた主人に寄り添い続ける犬にジンとくる

忠犬ハチ公も顔負けの、ご主人思いのワンコが人々の心をつかんで離さずにいる。

アルゼンチン・ブエノスアイレス州のペルガミーノという街で暮らす「Tony」である。

飼い主が木から落下

The Dodoが伝えるところによると、14日土曜日、Tonyの飼い主であるJesus Huecheさんは、自宅の前にある木の剪定作業をしていた際、誤って6フィート(約2メートル)下のコンクリートの歩道に落ちてしまったという。

頭を強く打ちJesusさんは意識を失ったが、幸い、愛犬Tonyのおかげで1人取り残されるようなことはなかった。

飼い主に寄り添い続ける愛犬

心配したTonyはずっとJesusさんのそばを離れなかったのだ。

救急隊が到着し、応急処置を行っている間も、飼い主のそばを離れようとしないTony。

大丈夫だよ…

心配で心配でたまらたいといった様子の愛犬に、意識を回復したJesusさんは、「よしよし大丈夫だよ」と言い聞かせるようにその体をなでてやっている。

ようやく安心したのか、Tonyは救急車で病院へと運ばれるJesusさんを見送った。

しかし実はこの時も、Tonyは一緒に救急車に乗ろうとするなど、最後まで飼い主を気遣う素振りを見せていたという。

幸いJesusさんの怪我は軽傷で済み、間もなくTonyとの再会を果たすことができた。

元々野良犬だったTony

野良犬だったTonyを拾ったのがJesusさんで、以来息子の様に可愛がってきたとか。

今回のTonyの様子を見れば、どれだけ飼い主の愛情を受けてきたかは一目瞭然。またJesusさんを思うTonyの気持ちも十分に伝わってくる。

地元の民間防衛機関がこの時の様子をFacebookで公開。

複数の海外メディアでも取り上げられ、人々の感動を呼んだ。

Posted: |Updated:

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking