シェア

妊娠中に脳腫瘍が発覚…苦難を乗り越えた女性の「母の日のメッセージ」が温かい

laurenholiday12/Instagram

laurenholiday12/Instagram

日本女子サッカー、なでしこジャパン最大のライバルと言えば、やはりアメリカだろう。

両者は、近年のワールドカップやオリンピックで決勝を戦い、金メダル獲得のためにしのぎを削ってきた。

元米国代表ローレン・ホリデー

そんな米代表チームに所属していた、ローレン・ホリデー選手(29)を覚えておいでだろうか?

プロの女子サッカー選手で、ミッドフィールダーやフォワードとして活躍。2007年から8年間、国の代表チームの一員に名を連ね、オリンピックやワールドカップでメダル獲得に貢献した名選手である。

妊娠中に脳腫瘍が発覚

サッカー選手として華やかな経歴を持つホリデー選手だが、引退後、彼女を待ち受けていた運命は過酷なものだった。

昨年10月、同選手は脳腫瘍摘出のための手術を受けている。病気が発覚した際、彼女は妊娠6か月だった。

産後1か月で摘出手術

abc NEWSが伝えるところによると、ホリデー選手は昨年10月、ノースカロライナ州の病院で、脳の外層にできた良性腫瘍を取り除く手術に成功。

これに先立ち、彼女は9月末に長女を出産している。出産予定は10月の半ばだったが、母体の腫瘍摘出を鑑み、出産を早めた結果である。

幸い、赤ちゃんは健やかに成長しており、ホリデー選手も術後、順調に回復していると報じられていた。

母の日に現在の姿を公開

そして先日の母の日、術後初めて同選手は自身のInstagramで現在の姿を公開した。

その写真がこちら。

投稿にはメッセージも綴られており、

顔は麻痺していた上、目は寄ってしまい、頭も放射線で所々髪が抜けたり、手術のために半分剃ったりしていたので、術後7か月間、カメラから逃げ回っていました。

と複雑な心情を吐露。

続いて世の女性たち、ママたちに向け、以下のような言葉を贈っている。

この写真からは想像できないでしょうが、ここまでくるのは大変でした。

つくづく感じるのですが、女性って強いですね。体の回復力や気持ちの強さはさることながら、何よりも家族や友人、子どもたちへの変わらぬ愛に頭が下がります。

あちこちで見かける女性たちを、尊敬の眼差しで眺めています。

私も娘であり妻であり、何より母親であることを誇らしく思います。母の日に寄せて、全てのママたちに、そして未来のママたちに「お母さんありがとう」と伝えたい。

皆さんは美しく、ものすごく強い。そしてとても愛されています。

同投稿には4万件近い「いいね」が付き、「あなたこそ強くて素晴らしい女性だ」「あなたを見て私も病気と闘おうと決めました」「隠れる必要なんてない。あなたは強いから必ず打ち勝てる」といった励ましの声が寄せられている。

Posted: |Updated:

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking