シェア

海外からも感動の声…亡き妻とお揃いのシャツを25年間着続けているお父さん

R1A@922_riaru/Twitter

R1A@922_riaru/Twitter

おしゃれに敏感な年頃の娘から見て、父親がずっと同じ服を着ていたら気になるだろう。

TwitterユーザーのR1A@922_riaruさんもご多分に漏れず 、何年も同じシャツを着続けている父に首をかしげていた。

同じシャツを着続ける父

お父さんが昔から着ている服がこちら。

鮮やかなグリーンのポロシャツである。

実はこの服かなり年季が入っており、娘のR1A@922_riaruさんによると、父は穴が空いても自分で縫って直して着続けているという。

私は、流行が変わるたびに次々と服を着替えるタイプなので、父が何年も何年も同じものを着ていて、虫に食われたりしながらも同じ服を着ている。

と不思議に思っていた。「買えばいーじゃん新しいの」と…。

亡き妻とお揃いの服だった

しかしそこには父なりのこだわり、思いが秘められていた。

実はこのシャツ、お父さんが新婚旅行で着ていた、お母さんと色違いのシャツだったのだ。

お揃いコーデで、仲睦まじい様子の若き日のパパとママ。R1A@922_riaruさんに確認したところ、1992年初夏の頃だという。

お母さんは18年前に亡くなり、その後もお父さんは再婚せず、前述のとおり時に繕いながら、年に数回は必ずこのシャツを着ているという。

国内外から感動の声

彼女はこれらの写真をTwitterで公開。

同ツイートには30万件を超える「いいね」が付き、一部の海外メディアでも取り上げられ話題に。

「心にしみる」「奥さんを愛していたのですね」「涙が出そう」と感動のコメントが寄せられ、お父さんは国内外から「妻思いの素敵なご主人」と称賛された。

改めて父を見直す

真意はお父さんにしかわからない…ということで話をしてみると、「他にいい服を持っていないから着てるのもあるけど、(新婚旅行のことを)思い出すときはあるとのこと」だそう。

当初R1A@922_riaruさんは、仲良しの父にまつわる微笑ましいエピソードとして投稿したつもりだったが、予想外に美談として話が拡散し驚いている。

同ツイートをきっかけに、期せずして父の真意に思いを巡らすことになり「母のこと含めとても家族想いの優しい父だと思っています」とのこと。

私から見たらなんともなかった日常の一枚が、他の人から見ると泣ける話だったらしく、皆様からたくさん意見をいただいているうちに、改めて…

と、お父さんを見直す良い機会になったようだ。

※記事にある投稿と画像はR1A@922_riaruさんの許可を得て掲載しております。

Posted: |Updated:

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking