シェア

3枚のパンで子供たちに「手洗い」の重要性を伝えた教師の実験

Donna Gill Allen/Facebook

Donna Gill Allen/Facebook

食中毒や風邪の予防で最も基本的、かつ重要なのが「手洗い」である。

大切なのは百も承知だが、ついつい面倒でサボリがち…というのが大人の言い訳。子供にいたっては、手洗いの重要性そのものを理解しているとは言い難い。

生徒に「手洗いの重要性」訴える

そんな子供たちに「手を洗わないとこうなるよ」という怖さを教えようと、ものすごく気持ち悪いけれど、ものすごく分かりやすい方法を編み出した先生がいる。

米ノースカロライナ州グレイズ・クリークの教師、Donna Gill Allen先生である。

Donna先生は、生徒に雑菌が繁殖していく様子を分かりやすく示す方法を思いつき、他の教師にもお勧めしている。

用意するのは食パン3枚

使用するのは、どこにでもある普通の食パン。

生徒たちの前に3枚用意し、うち1枚は清潔な手袋を装着した手で小さなビニール袋に入れ、「参考資料」と記入する。

次に手袋をはずし、よく手を洗ってからパンをつかみビニールへ。袋には「きれいな手」と記録しておく。

最後の1枚は、クラス全員にそのままの手で触れてもらってから、「汚い手」と書いてビニール袋に入れる。

雑菌の増殖ぶりを観察

何日か経ち、雑菌が繁殖し始めると、その変化は一目瞭然だ。

まず、直接手を触れずに袋に入れた食パンは特に変化なし。見た目は買ってきたときと同じ状態である。

きれいに洗った手で触ったパンも同様に目立った変化はない。

問題は、生徒たちが手を洗わずに触れたパンである。

ご覧の通り、カビだらけ。見るに堪えない状態となった。

手に付着する雑菌の存在が明らかになり、生徒たちは手洗いの大切さを痛感したに違いない。

ちなみに、3枚を並べるとこんな感じ。

Donna先生の言葉を借りれば、「最もグロいけれど、最も分かりやすい実験」の結果である。

4万超の賛同のいいね!

先生は、実験結果を自身のFacebookで公開。

「手洗いの大切さを教えるには最適な方法ですよね」と綴った。

投稿には4万を超える「いいね!」が付き、シェア数も5000件に迫る勢いである。

複数の海外メディアも取り上げ、「家でもやってみよう!」「ナイスアイデア」「シンプルだけど効果的な指導法ですね」「さっそく取り入れてみます」といった称賛、賛同の声が上がっている。

Posted: |Updated:

注目の記事

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング