シェア

村の建物を伝統的なモチーフで彩る90歳のおばあちゃんがSNSで話題!

Yoa Studio - Hội Họa & Kiến Trúc/Facebook

Yoa Studio - Hội Họa & Kiến Trúc/Facebook

チェコのモラヴィア地方南部に位置するロウカ村。

この小さな村で、近所の家々を美しく飾るおばあちゃんをご紹介したい。

上の写真に写っているAgnes Kasparkovaさん、御年90歳である。

Agnesさんは、元々農業を営んでいたが引退し、空いた時間に絵筆を手に近所の家を回って、壁に伝統的なモラビア模様を描くのを楽しみにしている。

特に力を入れていたのは、村のチャペルの装飾だ。足場を組み、正面の窓の周りに青い花を描いている。

白い壁に、鮮やかなブルーのモチーフを丁寧に描くAgnesさん。

予めデザインを考えるのではなく、描きながら想像力を駆使して仕上げていくそうだ。

どうなるかは最後まで本人にもわからないという、完成した作品がこちら。

もはや趣味の域を超え、見事なアートとして認められるAgnesおばあちゃんのペイントだが、およそ1年程前から、Facebookや複数の海外メディアで紹介されてきた。

最近改めて一部の海外メディアが取り上げたため、再び注目を集め、「こんなおばあさんになりたい」「若い!若すぎる!」「とても美しい」「うちも塗ってもらいたい」といった感嘆の声があがっている。

Posted: |Updated:

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking