シェア

5年前に他界した父から21歳の娘の誕生日に花束が届く

Bailey Sellers‏@SellersBailey/Twitter

Bailey Sellers‏@SellersBailey/Twitter

この世で最も嬉しく、最も切ないであろう誕生日プレゼントが大きな注目を集めている。

5年前に亡くなった父親からのバースデープレゼントである。

米テネシー州ジョンソンシティに住むベイリー・セラーズさんは、今年21歳の誕生日を迎え、立派な花束と直筆のカードを贈られた。

これらの誕生日プレゼントは、今は亡き父からのもの。

ベイリーさんが16歳の時にがんで亡くなった父は生前、自身が旅立った後も毎年娘のバースデーを祝いたいと、花束を予約しておきカードを書いておいてくれたのだ。

父からの誕生日プレゼントも今年で最後。カードにはこう綴られていた。

パパからのラブレターは、これが最後だよ。

もうこれ以上大切なベイビーを泣かせたくはないな。パパは安らかに過ごしているから悲しまないで。

君がパパにとって最高の宝物であり続けることに変わりはないのだから。

21歳になったんだね。ママを大切にして自分らしく生きて下さい。

「誕生日プレゼントは今年が最後だということは以前から知っていた」と、ベイリーさんはNEW YORK POSTの取材に対し答えている。

ゆえに「21歳の誕生日を迎えるのが怖かった」との本音も。

父は最後の手紙をこう締めくくっている。

幸せに精一杯生きてほしい。

人生の節目節目でパパのことを探してごらん。きっとベイリーを見守っているからね。

愛してるよ。お誕生日おめでとう。

ベイリーさんは父との写真と共に、これらのプレゼントをTwitterで公開した。

父は私が16歳の時がんで亡くなりました。

亡くなる前に、毎年私の誕生日に花が届くよう手配してくれていました。

それも今年の21歳の誕生日のお花が最後。心からパパに会いたいよ…

同ツイートには146万人が「いいね」し、リツイートされた件数も35万件を超え話題に。

複数の海外メディアでも取り上げられ、「涙が止まりません」「信じられないくらい美しい話」「切ないけど…お誕生日おめでとうございます」「素敵なお父様ですね」と人々の涙を誘っている。

Posted: |Updated:

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング