シェア

宿題なんて大っ嫌い!休暇中の課題に本音をぶちまけた7歳の少年

Lisa Vale‏ @LisaVale/Twitter

Lisa Vale‏ @LisaVale/Twitter

「勉強大好き!」「宿題大好き!」という子供はほとんどいないだろう。

でも宿題が出れば、イヤイヤながらそれをこなし提出しなければならないのがつらいところだ。

宿題への不満を宿題にぶつけた少年

せっかく学校が休みになったのに、なぜ宿題をやらなければならない?

その疑問と不満を他ならぬ宿題そのものにぶちまけた7歳の男の子がいる。Twitterユーザー、リサ・ヴェイルさんの息子アンガス君である。

彼は休み中、宿題をやらなければならないことを思い出し、しぶしぶ机に向かい課題と向き合ったに違いない。

指示された単語を用いて英作文を作りなさい

ちなみにその宿題とは英作文の練習で、「指示された単語を使って文章を作りなさい」という問題だ。

overやthat、oneやoutなどの単語を使うよう指示されている。

そこでアンガス君は指示された単語を網羅した見事な英作文を10個完成させた。

宿題への嫌悪感あらわに

彼は指示に従うのみならず、英作文で「宿題なんて大っ嫌いだ!」という自身の思いを存分に、しかも実に的確にぶちまけている。

彼の作った文章は以下のとおり。

1.宿題にはうんざりだ。(I’m so over homework.)

2.宿題が好きな人なんていない。(No one likes homework.)

3.小さな子供は宿題が大嫌いです。(Little kids hate homework.)

4.宿題には耐えられない。(can not stand homework.)

5.宿題が好きな子供を2人挙げられる?(Can you name two kids that like homework?)

6.あの宿題はひどすぎる。(That homework stinks.)

7.うちの猫はぼくの宿題にうんちをした。(My cat pooped out my homework.)

8.宿題が楽しいなんて言ったのは誰だ?(Who said homework is fun?)

9.学校がないのに宿題があるのはなぜですか?(Why is there homework when school is off?)

10.宿題が嫌いなグループは、子供と10代の若者と親の3グループです。(There are three groups that hate homework:1. Kids  2. Teenagers  3. Parents)

いかがだろう。上の指定語をすべて使い、宿題への嫌悪感を見事に表現している。

母親のリサさんがこれをTwitterに投稿すると2400人が「いいね」し、複数の海外メディアで報じられるなどして注目を集めた。

ママは当初「先生にけんか売ってる」と冗談めかして投稿していたが、アンガス君は先生のことは大好きで、大嫌いなのはあくまでも宿題だけだそうだ。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング