シェア

87歳のおばあちゃんが「Microsoftペイント」で描いたデジタルアートが傑作揃い

conchagzaera/Instagram

conchagzaera/Instagram

さっそくだがこちらのイラストをご覧いただきたい。

カラフルな色彩で明るく、美しい街並みが描かれている。

見ているこちらまでウキウキしてくるような素敵なデジタルアートである。

こちらは私たちにもなじみ深い、日本の寺院を彷彿とさせる風景だ。

パッと見て手描きではないようだし、どこぞの新進気鋭の若手アーティストによる作品かな?と思われるかもしれない。

ところが、これらのデジタルアートを手掛けたのは、何を隠そう87歳のおばあちゃん。

Mashableが伝えるところによると、スペイン・バレンシア出身のConcha García Zaeraおばあちゃんは、これらの作品で一夜にして大注目のアーティストに相成ったという。

細部にまでこだわった、非常に手の込んだ作品は、Windows附属のグラフィックソフト「Microsoftペイント」を使用し描かれている。

もともと油絵を習っていたというおばあちゃん。

絵の具の匂いがきつ過ぎて、家で練習できないと嘆く彼女に、孫たちがパソコンをプレゼントしてくれて、Microsoftペイントなる便利なソフトを見つけ試行錯誤した結果である。

現在フォロアー数10万5000人を超える、ConchaさんのInstagramで公開されている作品は全て、彼女がWindows 7とマウスを巧みに操り生み出した。

これまではFacebookで作品を公開していたが、孫娘に言われInstagramに切り替えたという。

こちらのツイートで取り上げられるや、文字どおり一晩でフォロアー数が激増し、注目のデジタルアーティストの仲間入りを果たした。

バレンシアに住む、87歳のコンチャおばあさんの作品が素晴らしい。

今や複数の海外メディアで取り上げられるConchaさんの作品には、それぞれ1万件を優に超える「いいね」が付き、「本当に素敵!」「すごい才能だと思います」「美しい」と絶賛する声が続出している。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング