シェア

正直すぎる…芸人をしている息子への父の微妙な「称賛」が話題

イメージ画像:Fotolia

イメージ画像:Fotolia

コメディアンをしている息子への父からの精一杯の褒め言葉が、一部の海外メディアで取り上げられるなど注目を集めている。

そこには、息子の才能を褒められて手放しで喜びたい一方、いい年をした我が子を絶賛することへの照れや遠慮、何より父の密かな本音が含まれており、何とも味わいのある称賛なのだが…。

息子の才能を褒められた!

ジェームス・アカスターさんは英国を代表するコメディアンの1人で、この度米動画配信サービスNetflixで配信された彼の最新のネタを、司会のリチャード・オスマンさんが自身のTwitterで絶賛した。

そのツイートがこちら。

Netflixで配信されたジェームス・アカスターのネタは文句のつけようがない。

彼は一世代に一度あるかないかのコメディアンで、これほど楽しませてくれる人はいないと思う。

ぜひご自身で確かめてみて。

微妙すぎるパパの称賛

息子を褒められて嬉しくなった父は、同ツイートに対しすぐにコメントを返している。

リチャードさん、息子を熱心に支持して下さりありがとうございます。

続いて、自らも息子のことをこう称賛した。

万人ウケはしませんが、息子は一生懸命やっています。

Netflixをご覧いただければ一目瞭然ですよ。

逆に言えば、「努力はしているが万人向けではない」とも取れる微妙な褒め言葉である。

「父らしい」と息子

これに対し、「まさしく父が言いそうなことだ」と当の息子がツイート。

「万人ウケはしませんが、息子は一生懸命やっています」か…。まさにおやじらしい。

微笑ましい父の言葉を紹介した同ツイートには、3万5000件を超える「いいね」が付き、「お父様にもユーモアのセンスがありますね」「最高の評価だ」「父親にはかなわないね」と、多くの人がほっこりとさせられたようだ。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング