シェア

飛行機内で泣き叫ぶ我が子…困り果てるママを紳士が救う

Jessica Rudeen/Instagram

Jessica Rudeen/Instagram

連休中に子連れで公共の交通機関を利用するパパとママも多いだろうが、乗り物の狭い空間で子供が泣いたり、騒いだりしないか気が休まらないのでは。

アメリカのジェシカ・ルーディーンさんも例外ではなかった。

2人の子を連れ搭乗

ジェシカママは、3歳の女の子と生後4カ月になる男の子を連れ、初めて飛行機に乗ることに。

ノースカロライナ州シャーロットに向かう機に乗り込むと、不安は的中した。

下の子は慣れない出来事の連続に、搭乗直後からパニックになり泣き叫び、興奮気味だったお姉ちゃんの方も、「降りるーーー!」と足をばたつかせながら、こちらも泣き叫ぶ。

…まさに悪夢である。

救世主があらわる

本気で飛行機を降りようかと考えたジェシカさんだったが、そこに救世主があらわれた。

隣りの席に座る男性が手を差し伸べてくれたのだ。

トッドさんと名乗る男性は赤ちゃんをあやしたり、お姉ちゃんにタブレットを見せ気を紛らわせてくれたりと、心を砕いてくれたという。

おかげで飛行機が滑走路を走り始める頃には、子供達はうそのように静かになった。

彼は飛行中もお姉ちゃんに映画を見せてくれたり、塗り絵をしてくれたり、窓の外を一緒に眺めたりと面倒を見てくれた。

乗り継ぎ便でも一緒!

飛行機を降りる頃には、トッドおじさんとすっかり仲良くなった娘のキャロラインちゃん。

偶然彼もジェシカさん親子同様、シャーロットからウィルミントンに向かう飛行機に乗り継ぐということで、キャロラインちゃんはトッドさんに手を引かれゲートへと向かった。

話はこれで終わりではない。

次のウィルミントン行きの機内でも、トッドさんはわざわざ座席を変更し、引き続き子供達の面倒を見てくれたのだ。

男性の妻にも同じような経験が

ジェシカママは一連のエピソードをSNSに投稿。

彼ほど思いやり深く心を砕いて下さった方を私は知りません。

そう綴っているジェシカさんだが、実はトッドさんの妻も、2人の息子が幼い頃に同じような経験をしたとか。

息子たちに手を焼いているところを、見知らぬ人に助けてもらったという。

ジェシカさんは、トッドさんという人格者と隣り合わせた偶然に感謝している。

同投稿には2万7000人が「いいね!」などリアクションし、シェア数も7500件を超えた。

一部の海外メディアも取り上げ、「天使って実際いるのですね」「トッドさん素晴らしい!」「投稿に心洗われました」といった称賛の声が続出している。

Posted: |Updated:

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング