シェア

10カ月ぶりに歩く恋人の姿を見た彼氏の反応がプライスレス

MoMo@aeonianlife/Twitter

MoMo@aeonianlife/Twitter

米国の高校生にとって一大イベントであるプロム(学年末に開かれるフォーマルなパーティー)。

このプロムの日に起きた奇跡のような出来事をご紹介したい。

Twitterユーザーの「MoMo@aeonianlife」さんは、転換性障害(心理的な要因により身体疾患のような症状が現れるもの)のため、この10カ月間ほど自力で歩くことができずにいた。

さて、プロム当日。そのことは百も承知の彼氏が彼女を迎えにやって来た。

そんな彼を、「MoMo@aeonianlife」さんは自らの足で立ち、おぼつかない足取りながら1歩、2歩と歩みを進めながら迎えたのだ。

その時の様子がこちら。

自分の足で歩けなくなって10カ月…プロムの日にこんなサプライズを!

玄関ドアを開けると、そこには彼女が立ったまま彼を迎えている。

しかも1歩ずつ歩きながら近付いてくるではないか!

思わぬ事態に驚いたせいか、彼氏の方は後ずさり。しかし、すぐに泣き笑いの表情で駆け寄り、彼女を抱きしめた。

「オーマイガッ…」「何で歩けるんだ」と驚きと喜びを爆発させている。

周囲は嬉しい悲鳴と笑い声に包まれた。

同ツイートには107万人以上が「いいね」し、リツイートされた件数も27万件を超え話題に。

複数の海外メディアでも取り上げられ、「最高のプロムですね」「彼氏震えてるし。ステキ」「素晴らしいストーリー」「心打たれました」と感動を呼んだ。

言わずもがな若いカップルにとって、この日のプロムは忘れられない思い出になったに違いない。

支えてくれた彼と一緒にプロムへ。

Posted: |Updated:

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング