シェア

下あごの歯が目の真下まで伸びたリス→普通の女性がネイル道具を駆使して危機救う

イメージ画像:Fotolia

イメージ画像:Fotolia

野生のリスをめぐる心温まるエピソードをご紹介したい。

Global Newsの記者 サラ・クラウスさんによると、カナダ・アルバータ州に住むジャネット・タルボットさんという女性は、素人ながら歯科医さながらの活躍を見せたという。

彼女は自宅の庭にたびたび姿を現す、1匹の野生のリスに心を痛めていた。

ジャネットさんが撮影したリスの姿がこちら。

ジャネットさん宅の裏庭にやって来る「バッキー」という名のリス。

歯がおかしいのは誰の目にも明らかです。

投稿にあるように、バッキーの歯は異常に長く伸びていて、もう少しで目に入りそうで危ない。

げっ歯類の歯は伸び続けるものだが、通常は木の実など硬いものを噛むことで削れるため、ここまで伸びるのは珍しいとMashableは伝えている。

放っておくと食べ物をうまく噛むことができずに餓死したり、顔や頭蓋骨を傷つけたりする恐れがある。

見かねたジャネットさんは、YouTubeの動画を参考にして、バッキーを捕まえ、キューティクルニッパー爪表面の甘皮やささくれをカットする道具)で長く伸びた歯を削ることに。

施術中バッキーはとてもおとなしくて、「患者の鑑だった」とジャネットさん。

無事に歯をカットされ見た目もすっきり。

バッキーは再び自然にかえされるや、木にのぼり頬をこすりつけました。これまではできなかったことです。

バッキーの歯をカットした道具と、削り取られた歯がこちら。

その後もバッキーはジャネットさんの家の庭先に姿を現している。

もうこれからはエサも難なく食べられます。

ジャネットさんのおかげで本来の姿を取り戻したバッキーに対し、「本当に良かった」「普通に食べられるようになったね」「痛々しかったので安心しました」「彼女はすごい。私の歯も治してもらいたい」といった安堵と称賛の声があがっている。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング