シェア

夢を諦めないで!美容師からジェット機のパイロットに転職した女性

johsara/Instagram

johsara/Instagram

今の仕事に満足できないから、新たな夢に向かって踏み出そう!

転職を決意する時に、そんな風に思う人も多いだろう。

今回ご紹介するマヨルカ島在住のスウェーデン人、サラ・ヨハンソンさんも例外ではない。

しかし、元美容師の彼女が、飛行機のパイロットという畑違いの職業を選んだ理由はそれだけではない。

実は、意外にもサラさんはもともと飛行機が嫌いだったそうだ。

Daily Starが伝えるところによると、それでもある時コックピットに座らせてもらう機会があり、以来パイロットに憧れ、新たな夢を抱くようになったという。

厳しい訓練にも耐え、女性ならではの悩みも克服し、サラさんは現在、ボーイング737のパイロットをしている。

今は飛ぶことが楽しくて仕方がないという。

Sara Johanssonさん(@johsara)がシェアした投稿

Sara Johanssonさん(@johsara)がシェアした投稿

Sara Johanssonさん(@johsara)がシェアした投稿

現在33歳のサラさんは自身のInstagramで、コックピットでの写真や同僚との写真などを数多く公開しており、その充実ぶりがうかがえる。

しかも、フォロアー数は3万4000人を超える人気を誇る。

職場を積極的に公開する理由について、サラさんは「夢を追う人々の励みになれば…」と明かす。

決して諦めないで。努力は報われます。

人生に近道はないけれど、一所懸命続ければ大きなことを成し遂げられるのです。

生き生きと仕事に向き合う彼女の姿がそこにはあった。

Sara Johanssonさん(@johsara)がシェアした投稿

関連タグ:

Posted: |Updated:

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング