シェア

猛暑で山火事が続発するスウェーデンに、国境を超えて駆け付ける欧州各国の消防隊が頼もしい

@FranceinSweden/Twitter

@FranceinSweden/Twitter

この夏、記録的な猛暑に見舞われているのは日本だけではない。

本来は夏でも涼しい北欧のスウェーデンでも、少なくともここ260年間で最も暑い7月になったと、THE LOCAL seが伝えている。

また、boredpandaによると、この国でも32度を超える猛暑に見舞われ、数週間にわたりまとまった雨も降らないことから、各地で大規模な山火事が発生したという。

▼山火事の発生場所を示したマップ

まさに国中が火事に見舞われるという、史上最悪の事態である。

これだけの規模になると、自国のみの対応には限界があることは想像に難くない。

この事態にヨーロッパ各国が立ち上がった。

ドイツやフランス、ポーランド、イタリア、リトアニア、デンマーク、ポルトガル、オーストラリアなど、多くの国が自国の消防隊をスウェーデンに送り込んだ。

▼ポーランドから駆け付けた消防車

Niklas Luksさん(@n_luks)がシェアした投稿

44台の消防車と、139人の消防士がスウェーデンに送り込まれた。

▼こちらはドイツの消防隊

ドイツからはすでに52名の消防士が派遣されていたが、新たな部隊が送り込まれた。

▼フランスからも支援の手が

60名の消防士らがスウェーデンに向かっています!間もなく到着しますよ。

各国からの心強い助っ人にスウェーデン国民は感謝の気持ちを表している。

▼ポーランドの消防車を手を振って歓迎する市民

世界的に自国を優先するような考えが目につく昨今、今回の各国の対応に、「国を超えて人々の絆を感じられて嬉しい」「胸を打たれる光景です」「本当にありがたい。いつか恩返ししたい」「ヒーローが続々と」といった称賛の声があがっている。

Posted: |Updated:

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング