シェア

【アメリカ】湖の魚が減ったぞ!→飛行機で魚群を大量投下へ

Utah DWR @UtahDWR/Twitter

Utah DWR @UtahDWR/Twitter

飛行機から地上に向かって大量の水を投入する。

このようなケースでは、多くの人が山火事などを連想するのではないだろうか。

山岳湖に空から魚を大量投入

ところが、今回はただの水ではなく「魚」を、眼下に広がる湖に大量にぶちまく映像をご覧いただきたい。

それがこちら。

魚へのストレスを最小限に

飛行機の胴体からものすごい勢いで吐き出される大量の水に混ざって、これまた次々に湖に投入されているのは魚である。

これは米ユタ州の天然資源局が公開した映像で、投稿にはこう綴られている。

ユタ州では山岳地帯にある湖には、空から魚を補充しています。

投入されるのは全長1~3インチ(約2.5~7.6センチ)の小さな魚で、95%以上は投入に耐えられます。

大胆な補充方法には驚くが、山道を陸路で運ぶよりも魚へのストレスは減るという。

「このやり方で魚が死なないのが不思議」といった意見もあるが、投入するのは小魚で水にあたる衝撃も少なく、生存率は95~99%だそう。

補充しないと湖から魚が消える

Live Scienceが伝えるところによると、同州では遠方の山岳地帯にある湖には、1956年からこの方法で魚を補充しているという。

補充されているのはマスの一種。対象となる湖は200か所以上にのぼる。

毎年魚を補充しなければ、これらの湖からは魚が姿を消すとみられている。

また、パイロットは可能な限り低い高度から投入しているという。

長年にわたる同局の努力のおかげで、人々はマス釣りを楽しむことができるようだ。

あなた方のおかげです!

Posted: |Updated:

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング