シェア

「きれいな瞳ね」幼い娘への褒め言葉を素直に受け取れないママの告白

moscato mami  @karinaa_ortega/Twitter

moscato mami @karinaa_ortega/Twitter

我が子を褒められれば親は嬉しいものだ。

しかし、その褒め言葉を素直に喜べずにいるママの告白が、複数の海外メディアで取り上げられるなど注目を集めている。

米ミネソタ州在住のTwitterユーザー「moscato mami @karinaa_ortega」さんには、Mehlaniちゃんという娘がいる。

きれいな瞳を褒められるも喜べず

大きくて澄んだ瞳が印象的なMehlaniちゃん。

実際「大きくてきれいな目ですね!」と褒められることが多いとか。

ところが、母はこうした称賛を素直に喜べずにいた。

投稿ではその心境をこう綴っている。

知らない人から「なんて大きくてきれいな目をしているの」と褒めていただくたびに、そこが娘の弱みであることを告げるべきかどうか悩んでしまいます。

結局それは伏せたまま、「ありがとうございます」とほほ笑んできました。

そんな時はいつも妙な気持ちになります。

黒目が大きいのは先天性疾患のため

Mehlaniちゃんの大きな瞳には理由がある。

実は先天性の疾患であるアクセンフェルト・リーガー(Axenfeld-Rieger)症候群と緑内障を患っているのだ。

そのため、わずか生後5カ月の時に手術を受けているという。

アクセンフェルト・リーガー症候群のいくつかある症状のひとつに、眼球の虹彩の未発達や委縮のため、黒目が大きく見えるものがある。Mehlaniちゃんが瞳が大きく見えるのは、このためだ。

光に非常に敏感なため、屋外に出る時はサングラスが必須という。

心配で仕方がないママにエール

今後、学校などで娘が目のことでからかわれるのではないかと、ママは心配している。

娘はこれまで強く美しく、多くのことを乗り越えてきましたから。

現在は視力に問題はないが、今後も定期的な経過観察が欠かせない。

「見た目も中身も美しい」と母が太鼓判を押すMehlaniちゃんだが、これからも病に負けず、強く美しく戦い続けなければならないのだ。

時に愛娘に対する称賛にさえ打ちのめされそうになるママだったが、同ツイートには17万人以上が「いいね」し、「あなたの葛藤は母親として当然のもの」「その思いはあなたが最高のママである証」といった温かいコメントに胸を打たれたという。

Posted: |Updated:

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング