シェア

首相官邸からの真面目なテレビ中継に写り込んだ警察官のほっこりする行動

Lauren Franklin‏ @Franklinsays/Twitter

Lauren Franklin‏ @Franklinsays/Twitter

何気なくニュースを見ていると、思いがけず、報道内容とは無関係な映像を目にすることがある。

テレビカメラに向かってピースをする人々などがその最たる例だが、英スカイニュースの中継では先日、心温まる光景が目撃された。

EU離脱のニュースの背後で

ロンドンに住むローレン・フランクリンさんが、テレビでイギリスのEU離脱に関するニュースを見ていた時のことだ。メイ首相の官邸前から真剣な表情でニュースを伝える記者の背後で、官邸の玄関前に1匹の猫がたたずんでいるのが見える。

この猫はネズミ駆除のために官邸で飼っている「ラリー」という猫で、寒さに耐えかねて家に入りたいのだが、玄関が閉まっていて途方に暮れていた。

すると、官邸の警備にあたる警察官が近付いてきてドアをノック。ラリーを室内に中に入れてあげたのだ。

ニュースでこのシーンを見ていたローレンさんは次のようにコメント。

猫のために、警察官が官邸のドアをノック。

これ以上に英国紳士的な振る舞いってあるかしら。

同ツイートには15万人以上が「いいね」し、リツイートされた件数も4万7000件と大きな反響を呼んだ。

他のメディアでも、よりわかりやすい映像を公開している。

警察官と猫とのやり取りに気を取られて、「ニュースが頭に入ってこなかった」というローレンさん。

「猫がニュースに勝ったわね」「離脱ニャンコ…出ると決めたけどやっぱり入りたくなった」「ラリーも離脱には反対だってさ」「久しぶりに英国的な優しさを思い出しました」「これぞイギリスっていうイメージ」といったコメントが寄せられている。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング