シェア

「ママは少し休んで」幼い子供連れの旅行で疲れ果てるママを救った3人の女神

Becca Kinsey/Facebook

Becca Kinsey/Facebook

米テキサス州ダラスに住むベッカ・キンゼイさんは先日、5歳と2歳の子供を連れてディズニー・ワールドへの旅を楽しんできた。

さぞかし夢の国を満喫したことだろう。

…が、ママ1人で小さな子供を2人連れての飛行機を使った旅行である。

夢破れ疲労困憊、旅に出たことを後悔した瞬間もあったに違いない。

空港で出会った天使

実際に、自宅に戻るため帰りの飛行機を待っていた時のことだ。

搭乗前のセキュリティーチェックの列に並んでいると、1人は泣き叫び、1人は疲れ果ててご機嫌ナナメといった我が子を抱え、ベッカママは半泣きの状態となった。

すると、列の前の方に並んでいた他の母親が「困った時はお互い様。私の前にどうぞ!」と順番を譲ってくれたという。

この時、結局眠ってしまった我が子を抱き、家族全員の荷物を運ぼうとしていたベッカさんに、もう1人の女神が現れた。

また別のお母さんが「荷物は私に任せて」と申し出てくれたのだ。

この女性はセキュリティーから搭乗口まで、ベッカさんらの荷物を全て運んでくれたという。

機内で出会った天使

2人の親切なママのおかげで無事に飛行機に乗ることができたベッカさんだったが、一難去ってまた一難。

離陸の時から下の息子が泣き叫び、散々泣いていたかと思ったら寝落ち。

この時3人目の女神が現れた。

ある女性が「お母さん、お疲れの様だから少し休んで」と声をかけてくれ、残りのフライトの間じゅうずっと息子を抱っこしてくれていたそう。

この女性は、着陸後も息子の面倒を見ながら、空港の手荷物受取所まで付き合ってくれて、別れ際ベッカさんをハグし、「メリークリスマス」といって去っていったという。

ベッカママはくだんの心温まるエピソードを、「小さな奇跡」とFacebookに投稿した。

同投稿には89万人が「いいね!」などリアクションし、シェアされた件数も12万件を超え話題に。

「ママ達が力を合わせたのね」「美しいエピソード」「人はこうあるべきですね」「天使は確かにいる!」と人々を感動させた。

Posted: |Updated:

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング