シェア

ホーム・アローン子役がGoogleのCMで映画を再現

Macaulay Culkin @IncredibleCulk/Twitter

Macaulay Culkin @IncredibleCulk/Twitter

クリスマス映画の定番の1つである「ホーム・アローン」。

1990年に公開された28年前の映画だが、主演した子役(当時)のマコーレー・カルキンは、この作品で一躍人気者になった。

家に取り残された男児と2人組の泥棒

クリスマスにパリ旅行に出かけたある家族。ところが出発前のバタバタで、息子のケビンだけを屋敷に残して一家は出かけてしまう。

人生初の一人暮らしを満喫するケビンだったが、二人組の泥棒が留守の屋敷を狙っていた。

ケビンは家を守るために、男たちを撃退するべく様々な作戦を練るというストーリーである。

時を超えて蘇った「ホーム・アローン」

およそ30年の時を超え、マコーレー・カルキンがこの名作を忠実に再現し、大きな注目を集めている。

38歳になったケビンが登場する「ホーム・アローン」がこちら。

大人になったケビンが気になる人のために。

僕はそうでもないけど、興味のある人は見てみてね。

俳優本人が投稿したこの映像は、Googleの広告である。

懐かしの名シーンを再現

ご覧のとおり、大人になったケビンが懐かしの名シーンを再現している。

Googleのタブレットやロボット掃除機など、随所に現代のハイテク機器が登場するも、パパのローションを使ってみたり、ベッドの上で飛び跳ねたり、インターフォンに映画で応答してみたりといったシーンはそのままだ。

同ツイートには18万人以上が「いいね」し、リツイートされた件数も約8万件にのぼり話題に。

複数の海外メディアでも取り上げられ、「最高の広告」「天才的なCMだ」「素晴らしい!子供の頃を思い出したよ」「クリスマスといえばコレだもの」「Googleもマコーレーもよくやった!」と称賛されている。

Posted: |Updated:

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング