シェア

母が娘の写真を投稿→モデル事務所の目にとまり活躍するダウン症の女性

georgiafurlan.oficial/Instagram

georgiafurlan.oficial/Instagram

モデルとして活躍するダウン症の女性が、複数の海外メディアで取り上げられるなど注目を集めている。

ブラジル出身のGeorgia Furlan Traebertさんである。

彼女のInstagramはフォロアー数が7万人を超える人気となっている。

View this post on Instagram

Georgia Furlan Traebertさん(@georgiafurlan.oficial)がシェアした投稿

View this post on Instagram

Georgia Furlan Traebertさん(@georgiafurlan.oficial)がシェアした投稿

母の投稿がモデルデビューのきっかけ

Georgiaさんがこの仕事を始めるきっかけとなったのが、母がSNSに投稿した写真である。

Mailonlineが伝えるところによると、2016年6月Georgiaさんが14歳の時、母Rubiaさんが娘の写真を自身のFacebookに投稿するや拡散し、モデル事務所の目にとまったという。

今では人気モデルの仲間入りを果たしたGeorgiaさん。5つの事務所と契約し、ブラジルを代表するブランドでキャンペーンモデルも務めている。

華々しい活躍を見せるGeorgiaさんだが、これまで母娘が歩んできた道は平坦ではなかった。

2003年11月に生まれたGeorgiaさんは心疾患とダウン症と診断され、生後5カ月の時心臓の手術を受けた。

あきらめず戦い続けよう

心疾患は快方に向かったが、Georgiaさんは他の子供に比べて発育が遅く、友達ができず周囲の理解も得られなかった。そのため何度も転校を余儀なくされたそうだ。

私が母としていつもいっているのは「決してあきらめないで」ということ。

夢を追いかけて戦い続けましょう。不可能なことなどないから…と。

何かを実現するにはまずはそれを望み、信じて戦うだけ。

と母は語る。

母親の何気ない投稿をきっかけにモデルを始めたGeorgiaさん。

View this post on Instagram

Georgia Furlan Traebertさん(@georgiafurlan.oficial)がシェアした投稿

彼女の夢はここで終わりではない。

本当は女優か歌手になりたいそうで、現在演技と歌を勉強中だ。彼女の戦いはまだまだ続く。

View this post on Instagram

Georgia Furlan Traebertさん(@georgiafurlan.oficial)がシェアした投稿

Posted: |Updated:

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング