シェア

車いすや義足のバービー人形が登場!義手の12歳少女のアドバイスも反映

barbie/Instagram

barbie/Instagram

世界中の女の子の憧れの的であるバービー人形。

お母さんもおばあちゃんも遊んだかもしれずその歴史は長い。

時代を映す鏡バービー人形

これまで様々なファッションや職業の衣装に身を包んできたバービー。

時代によって体型が変化したり、黒人バージョンが登場したり、顔にそばかすがある子もあったという。

それだけの歴史と変遷を誇る人形であるから、これまでなかったのが不思議なくらいだが、このほど障害のあるバービー人形が登場し、複数の海外メディアで取り上げられるなど大きな注目を集めている。

車いすと義足のバービーが登場

2月11日に発表された新シリーズには、車いすに乗るバービーと義足を付けたバービーが仲間入りした。

View this post on Instagram

Barbieさん(@barbie)がシェアした投稿

バービー人形のファッションはこれまでも、少女たちを取り巻く世の中を反映しようと進化してきました。

新シリーズではこれまで以上に多様性を広げられたと自負しております。

今年の秋発売予定です!

12歳の少女に協力求める

teen VOGUEが伝えるところによると、車いすや義足のバービーは、障害のある人形を望む顧客の声を受けて誕生したという。

デザインや制作には、義手を付けた12歳の少女であるJordan Reevesさんにも協力してもらい、義足の取り外し方など、よりリアルに遊べるようアドバイスをもらったそうだ。

先の投稿には5万3000人が「いいね!」し、「素晴らしいです」「正しい方向に進化していると思う」「次の誕生日プレゼントが決まりました」「欲しい!」と称賛の声が続出している。

Posted: |Updated:

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング