シェア

難病を患う少女の誕生日、スクールバスの運転手がバスを飾り付けてお祝いする

Sunshine and the Shark/Facebook

Sunshine and the Shark/Facebook

障害を抱える少女と、日々彼女を見守るスクールバスの運転手との心温まるエピソードをご紹介したい。

米フロリダ州に住むAnnaちゃんは、遺伝子異常による神経系の難病「シャルコー・マリー・トゥース病」により、車いすでの生活を余儀なくされている。

Annaちゃんが、先日5歳の誕生日を迎えたときのことだ。

ドライバーさんからの誕生日プレゼント

普段からAnnaちゃんと接する機会の多いスクールバスのドライバー、Arletha Shermanさんは彼女にプリンセスのドレスとティアラをプレゼントし誕生日をお祝いした。

それだけではなく、ArlethaさんはAnnaちゃんのためにスクールバスにデコレーションをほどこした。

そのときの様子がFacebookで公開されている。

ドレス姿でArlethaさんと記念撮影をし、バスに乗り込んだAnnaちゃん。車内を彩るデコレーションに興味津々な様子で手を伸ばしている。

Annaは今朝、本物のプリンセス気分で登校しました。

いつもAnnaちゃんを見守ってきた

Annaちゃんの母親がabc newsに語ったところによると、サバル・パーム小学校の未就園児クラスに通う彼女は、3歳の頃から親が付き添うことなくスクールバスで登校しているという。

そんなAnnaちゃんを、ドライバーのArlethaさんはこれまで温かく見守ってきたというわけだ。

Arlethaさんの人物像を語る知人の1人は、「スクールバスの運転手は、教師と同じでお金のためにやるのではなく、愛がないとできない仕事と話すような人」だと明かした。

今回のプレゼントについて尋ねられると、Arlethaさんは「Annaが不平や不満をいっているのを聞いたことがないの。いつも笑顔でいる彼女を見ていると、何かしてあげたくなってしまうのよ」と答えている。

Posted: |Updated:

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング