シェア

自閉症の男の子はお手製のパスポートで自分をどう紹介したか

˗ˏˋ ᶻᵐ ˊˎ˗‏ @ZarinaMuhammad/Twitter

˗ˏˋ ᶻᵐ ˊˎ˗‏ @ZarinaMuhammad/Twitter

海外に行く際、忘れてはいけないのがパスポート。

性別や国籍、人種、身体的特徴など、自分自身に意識を向ける一助となるためか、TwitterユーザーのZarina Muhammadさんの弟が通う学校では、授業でパスポートを作成した。

学校でパスポートを手作り

弟さんが作ったものがこちらである。

ご覧のとおり、一番上にパスポートナンバーが印刷されており、その下に性別や年齢と共に自己紹介のための空欄が設けてある。

僕は「魅力的」

子供たちは自分でこれらの欄を埋めていくわけだが、Zarinaさんの弟は自身をこう表現している。

僕は小さくて魅力的です。

投稿によると、姉をして「私の大切な大切な弟。あなたのためならお姉ちゃんは死ねるわ」といわしめる弟は自閉症だという。

一方、彼はいつも周囲からそういわれているのか、自身を「魅力的な」人物と評している。

同ツイートには8700人が「いいね」し、一部の海外メディアでも取り上げられ注目を集めた。

「だから子供ってすごい」「私も自分を肯定してあげよう」「これは名言」「ステキ」と多くの人の心を動かした。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング