シェア

愛猫のトリミングをお願いしたらアコーディオンみたいになって帰ってきた

Caitlin Christine‏ @caitchristinee/Twitter

Caitlin Christine‏ @caitchristinee/Twitter

米カリフォルニア州に住むケイトリン・クリスティーンさんの愛猫「オリバー」は、長くてモフモフの毛が自慢のニャンコである。

この投稿をInstagramで見る

OFFICIAL SLINKY CAT ACCOUNTさん(@ollietheslinkycat)がシェアした投稿

それゆえに時おりトリマーさんにシャンプーカット、つまりトリミングをお願いする必要があるのだろう。

パパがトリマーさんのところへ

この日もパパに頼んで、オリバーをトリマーさんのところに連れて行ってもらった。

さぞサッパリして帰ってくるだろうと、家族は楽しみにしていたに違いない。

ところが、帰ってきたオリバーを見て皆ビックリ!

愛猫はこんな姿になって帰ってきたのである。

アコーディオンみたいな

首からしっぽの先までウェーブ状といおうか、リング状といおうか、まるでアコーディオンのようである。

こういうデザインの服を着せられているわけではない。あくまでもオリバーの自毛をこのようにカットしたのだ。

トリマーさんが勝手にこんな奇抜なカットをするとは思えないので、パパが面白半分にオーダーしたのだろう。

「トラみたいにして下さい!」

案の定、パパが「トラみたいな縞々模様にして下さい」とお願いしたことが、後に判明している。

パパのせいで、しばらくはこの姿で過ごす羽目になったオリバー。

この投稿をInstagramで見る

OFFICIAL SLINKY CAT ACCOUNTさん(@ollietheslinkycat)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

OFFICIAL SLINKY CAT ACCOUNTさん(@ollietheslinkycat)がシェアした投稿

一方、先のツイートには40万人近い人が「いいね」し、リツイートされた件数も10万件を超え大きな注目を集めた。

「しっぽまで(笑)」「このスタイルを思いついたパパもスゴイ」「まさしくアコーディオン」「笑いすぎて息ができない」「トリマーの腕は確かだ」と人々の笑いを誘っている。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング