シェア

引退する機長の便に乗り合わせた合唱隊が、素敵なプレゼントを贈る

American Airlines/Facebook

American Airlines/Facebook

パイロットと乗客の心温まる交流についてお伝えしたい。

引退フライトを終えた機長

長年アメリカン航空でパイロットを務めてきた、機長のブライアン・レンツェンさんは7月、アイルランドのダブリンから米シカゴに向かう便を最後に引退することが決まっていた。

KARE11が伝えるところによると、同機長はアメリカン航空に勤めて34年になるという。このたび定年のため、アイルランド便を最後に引退の運びとなったとのこと。

当機にはアメリカの合唱団が乗り合わせており、この日が機長の最後のフライトだと知った彼らは、機長のために歌を歌ってもよいかどうか客室乗務員に尋ねたという。

合唱隊が歌うはなむけの歌

そしてシカゴに到着後飛行機を降りた機長に向け、合唱団はアイルランドに古くから伝わるはなむけの歌を歌い彼をねぎらった。

そのときの様子がFacebookで公開されている。

合唱隊が歌うアイルランドの祝福の言葉に、涙を浮かべるレンツェン機長の姿がそこにはあった。

同投稿には1万1000人以上が「いいね!」などし、複数の海外メディアでも報じられ多くの人が胸を打たれている。

Posted: |Updated:

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング