シェア

洪水で孤立したホテルで32時間たった1人で90人の客に対応したホテルマン

Angela K Chandler/Facebook

Angela K Chandler/Facebook

9月中旬に激しい雨に襲われ、一部で大規模な洪水被害が発生した米テキサス州南部。

ボーモントにあるホテル「ホームウッド・スイーツ」も例外ではなく、洪水のため孤立し、宿泊客がホテルから出られなくなっていた。

スタッフはたった1人

このとき夜勤にあたっていたのは、サッチェルさんという若いホテルマンたった1人。

洪水のため周囲の道路は通行できず、夜が明けても他のスタッフの出勤はかなわない状況だ。

そんな中サッチェルさんは、1人で電話応対や宿泊客に対応する一方、温かい朝食やコーヒー、紅茶の用意もそつなくこなしていたという。

それは超人的な働きぶりで、まさにてんてこ舞いだったに違いないが、彼はホテルマンとしての品位と優しさ、笑顔を決して忘れなかった。

宿泊客の1人がそんなスーパーホテルマンについて、称賛とともにFacebookに投稿している。

32時間ぶっ通しで90人の宿泊客に対応

CNNが伝えるところによると、当時ホテルには約90人のゲストが宿泊しており、サッチェルさんは32時間ぶっ通しで働き続け、ホテルの支配人からフロント係にメンテナンス、調理スタッフなど、1人で何役もこなしたという。

しかし、彼は孤立無援というわけではなかった。

投稿によると、懸命に働くサッチェルさんの姿を見て、宿泊客の中からも手伝いを買って出る者が現れたという。

ゲスト自らお皿を洗ったり、卵を出したり、テーブルを拭いたりといった具合だ。

中には付近の高速道路で立ち往生したトラックの運転手に水を運んで、全身びしょ濡れになった人もいた。

辺りはどこもかしこも水浸しだけれど、私の目の前には温かい紅茶が湯気を立てています。

安全で無事に過ごせていることに感謝。

投稿者の女性は、それもこれも「サッチェルさんというヒーローがいてくれたおかげ」だといい、「彼のことを危機的状況を乗り越えるお手本にして下さい」と締めくくっている。

同投稿には5万5000人が「いいね!」などし、シェアされた数も1万3000件を超え注目を集めた。

複数の海外メディアもこれを報じ、いわずもがな多くの称賛のコメントが寄せられている。

Posted: |Updated:

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング