シェア

デスクに魔女の帽子…女性銀行員が性差別を訴えて勝訴

イメージ画像:AdobeStock

イメージ画像:AdobeStock

ステイシー・マッケンさんは、欧州のメガバンク「BNPパリバ銀行」のロンドン支店に勤める女性銀行家。

彼女は銀行を相手に職場での性差別を訴え、英の雇用審判所を舞台にした3年に及ぶ審理で勝訴した。

デスクの上に魔女の帽子

インデペンデント紙が伝えるところによると、女性であるが故にステイシーさんは上司から軽く見られ、何か提言する度に「はいはい、また今度ね」といわれ取り合ってもらえなかったという。

仕事の内容は同じであるのに、男性の行員に比べ賃金は安いなど、職場で性差別を受けたと訴えた。

2013年時点のステイシーさんの年収は12万ポンド(約1600万円)だったのに対し、彼女と同等の役職につき、仕事の内容も同じ男性行員の年収は16万ポンド(約2100万円)と開きがあったという。

他にも酔っ払った男性の同僚からは、デスクの上に魔女の帽子を置かれるといった子供じみた嫌がらせを受けたこともある。

ステイシーさんの言い分を認める裁決

ジェームス・テイラー審判官は裁決で「男性が優勢な職場環境のおいて、女性職員の机に魔女の帽子を置くなど、本質的に性差別的な行為」と述べた。

また「同行の職場環境及び女性行員への接し方の本質を反映している」とも。

ステイシーさんの上司の「はいはい、また今度ね」という発言も、上司のいう「忙しかったから」という理由は認められず、「礼を欠いており軽蔑的な態度」と言及した。

同等の役職に就く男性行員との給料及びボーナスの格差についても、「性差別によるものではないという銀行側の説明は説得力を欠いている」と、ステイシーさんの言い分を認める結果となった。

損害賠償額の決定は先送りに

一方、彼女は同行に対し400万ポンド(約5億3000万円)の損害賠償を求めていたが、雇用審判所は損害賠償の金額については決定を下していない。

同紙によると、通常不当解雇などの審理の場合、8万6444ポンド(約1100万円)もしくは52週間分の総給与の低い方が上限になるという。

しかし今回のケースでは、単なる不当解雇ではなく、ステイシーさんが差別の犠牲者であることが証明できれば、裁定額が上がる可能性が考えられるそうだ。

Posted: |Updated:

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング