シェア

花粉を測定するてるてる坊主!?「ポールンロボ」に愛着を持つ人が増加中

ポールンロボ5

ずらりと吊り下げられた鮮やかにLEDライトを輝かせる丸くて白いロボット。

まるで近未来SFのような光景の正体は、花粉の飛散量を自動で観測する可愛い装置「ポールンロボ」です。

ポールンロボ

ポールンロボ

2016年の4倍強の花粉量が予想される今春に向け、開発した気象情報会社・ウェザーニューズ(千葉市)に開発秘話を聞きました。

花粉量を目で表現

ポールンロボは人間の目と鼻、そして口を模した顔が特徴です。

口から吸引する花粉の量は、人間の呼吸と同量を再現。

5色に変化する目は、花粉の増減を表します。

花粉量とポールンロボの対応表

花粉量と点灯色の対応表

ポールンロボは2005年、同社の花粉症対策プロジェクトの一環で開発されました。

全国の家庭や病院など約1000カ所に貸与され、各地の観測結果を同社公式サイトで無料で公開します。

データは登録者から届く症状の報告と合わせ、飛散量予想の通知サービスに活かされます。

ポールンロボの設置イメージ

ポールンロボの設置イメージ

同社によると、それまで観測法は、ガラス片に24時間で付着した花粉を顕微鏡で数える「ダーラム法」という原始的な手法でした。

ダーラム法は時間が掛かる上、1日単位での花粉量しか把握できませんでした。

自動化で精度が格段に向上し、飛散状況もリアルタイムで観測できるようになったそうです。

赤ちゃんの頭と同じ大きさ

なぜ、ポールンロボは顔の形なのでしょうか。

初代は、花粉量を数値で表示する味気ない金属製の箱でした。

しかし、「担当者がつい顔を描たくなって」(同社)表面に目と口を描くようになったそうです。

初代ポールンロボ(左)と2代目

初代ポールンロボ(左)と2代目

改良を重ねた4代目は、赤ちゃんの頭と同じ約15センチに設計しています。

当時の開発担当者にちょうど子供が生まれたことから、貸出先で愛着を持ってもらおうと決まった大きさでした。

ポールンロボは点検のため秋に回収しますが、『また戻ってきてね』と手紙を添える方も少なくありません。

ロボの顔は赤ちゃんの大きさを意識している

ロボの顔は赤ちゃんの大きさを意識している

2017年は例年より多め

ウェザーニューズ社は2016年夏の猛暑を踏まえ、17年の花粉飛散量を例年の1.2倍、16年の4.4倍と予測。西日本の多いところでは8~11倍を想定します。

ポールンロボ4

光り輝くポールンロボ

花粉は2月から関東と九州から順次、全国に拡散していくと見込まれています。

ここ数年症状が軽かった方も、今シーズンはつらく感じる可能性が高いです。

花粉症はバケツの水があふれるように、ある一定のラインを超えると発症します。

まだ花粉症ではない方も、大量飛散の時にはマスクをつけた方がよいでしょう。

早めの対策がおおすすめです。

ポールンロボ2

花粉症の人にとって、日々の飛散状況は重大な関心事。

つらい時期を実用的に和ませてくれるポールンロボは、心強い味方になるでしょう。

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking