シェア

「H、I、G、O、肥後さっ!」熊本県がドラマ仕立ての笑える移住動画を公開

出典元:熊本県プレスリリース

出典元:熊本県プレスリリース

「遅いぞ武蔵!」

佐々木小次郎との巌流島の決闘に遅れて現れた逸話で知られる、剣術家・宮本武蔵。

史実の武蔵は1640年、57歳で今の熊本県に移住しています。

MUSASHI16

出典元:熊本県プレスリリース

熊本県への移住を促進しようと、県が武蔵を主人公にしたドラマ仕立てのPR動画「くまもと移住前夜・宮本武蔵」を制作。2月15日から公開しています。

みやもと馬刺し

ストーリーは、熊本への壮行式に主役の武蔵が遅れて来るシーンから始まります。

出典元:熊本県プレスリリース

出典元:熊本県プレスリリース

女性「どこ行くんでしたっけ?武蔵さん」

宮本伊織「熊本ですね」

本位田又八「出た!馬刺し県!」

佐々木小次郎「ウマ、さばいちゃう的な~?」

本位田「みやもと馬刺しでござる!」

出典元:熊本県プレスリリース

出典元:熊本県プレスリリース

なんと軽いノリ……!

そこに武蔵が障子戸を開き登場します。

MUSASHI04

出典元:熊本県プレスリリース

「貴様らそこへ直れぇっ!」と激怒する武蔵の刃を止めたのは……映像をご覧ください。

▼第1話「主役は遅れて」

くすっとなる熊本フレーズが盛りだくさん

物語は全6話を制作。

劇中では「みやもと馬刺し」だけでなく、

「H、I、G、O、肥後さっ!!」

「お前、何モンだよ~」

「蒲島(知事)どのぉ~」

といった熊本県の要素を織り込んだくすっとなるフレーズがいくつも飛び出します。

MUSASHI07

出典元:熊本県プレスリリース

出典元:熊本県プレスリリース

出典元:熊本県プレスリリース

移住時の武蔵と歳が近かった俳優・宇梶剛士さん(54)が、実直すぎてちょっととぼけた武蔵像を好演。

京都府に拠点を置く人気劇団・ヨーロッパ企画の俳優陣たちが脇を固め、軽快な掛け合いを見せています。

出典元:熊本県プレスリリース

出典元:熊本県プレスリリース

新解釈で復興の歴史を発信

熊本県では約400年前の1619年と1625年に大地震の記録が残ります。

動画の狙いについて、県は次のようにしています。

宮本武蔵が熊本に来たのは1640年、大地震のあとです。そこを武蔵は大地震があったことを知りながらも熊本に来たと新解釈しました。

地震の度に復興を遂げた熊本を知ってもらうことも今回の目的のひとつ。地震の風評被害をなくし、復興に向けて進む熊本県への観光誘客にもつなげたいと思っています。

MUSASHI15

出典元:熊本県プレスリリース

最終話で、武蔵が見送りに来た人々に移住を決めた理由を宣言。

そして、「わしは熊本に行く。お前たちも、いつか来い!」と呼びかけます。

▼第6話「理由」

被災地からの情報発信は、とにかく住民が辛苦に耐える姿を美化し、同情を誘うばかりではないでしょう。

観た人をパッと明るい気持ちにし、熊本地震からまもなく1年を迎える熊本県への関心を高めるCMです。

▼全6話のダイジェスト版

【関連記事】

恋チュンを意識!埼玉県久喜市の3000人ダンス動画が微笑ましい

久喜市アイキャッチ

ひと肌脱ごうぜ!女子高生による脱衣系ご当地映画「ミス ムーンライト」が気になる

ミスムーンライト

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking