シェア

ひな人形3万体!千葉県勝浦市でケタ違いのひな祭りが開催中

提供:勝浦市

提供:勝浦市

千葉県勝浦市で2月24日(金)~3月5日(日)に、「かつうらビッグひな祭り」が開かれている。

神社の石段やシティホールの座席など市内各地に総数約3万体のひな人形が並び、桁違いの迫力を生み出している。

勝浦市ひなまつり2

勝浦市芸術文化交流センター 提供:勝浦市

きっかけは「勝浦」つながり

祭りは2001年に市や観光協会でつくる実行委員会により始まり17回目。

以前から「ビッグひな祭り」を開いていた同名の徳島県勝浦町からひな人形約7000体を”里子”として譲り受けたことがきっかけだ。

市芸術文化交流センター「Küste」(キュステ)をはじめ、神社や市役所、交差点など市内各地を巡りながらひな人形を鑑賞できる。

なお、屋外展示は毎日片付けと設置を繰り返しているという。(※雨天・荒天時は中止)

提供:勝浦市

提供:勝浦市

特に遠見岬(とみさき)神社では、赤い行灯が縁取る60段の石段に約1800体が並び壮観だ。

夕暮れ時にはライトアップで演出するという。

勝浦市ひなまつり3

今年の遠見岬神社 提供:勝浦市

女性は着物体験もできる

地元企業と提携し、女性向けに華やかな着物の貸出(1人3500円)も行う。

美しい写真を撮りたい女性に喜ばれそうだ。

先着10人で2日前の15時前までに予約が必要。2月24日時点で実施予定の5日間のうち、3月 3日(金)、 4日(土)、5日(日)はまだ余裕があるという。

勝浦市ひなまつり6

提供:勝浦市

2017年は勝浦灯台を特別開放

勝浦市観光商工課によると、2017年の見どころは勝浦灯台だ。

勝浦灯台は1917(大正6)年2月に建設された高さ21メートルの白い塔。

3月4日(土)、5日(日)に設立100周年を記念し、日頃は入れない灯台を特別に開放する。

家庭で三人官女や五人囃子までそろえた大がかりなひな壇を組み立てなくなった昨今。

 ちょっと足を延ばして、豪華絢爛なおひな様たちにすこやかな成長を祈るのもよいだろう。

提供:勝浦市

提供:勝浦市

    Posted: |Updated:

    Text by

    前の記事を見る

    次の記事を見る

    注目の記事

    Ranking