シェア

荒川区の「電車だらけのカフェ」に潜入!家族みんなで楽しめる仕掛けがスゴイ

2階のプラレールタワー

2階のプラレールタワー

路面電車の都電が街を縫う東京都荒川区。

都電の荒川遊園地前駅から徒歩1分のところに珍しいカフェがあります。

プラレールが走るカフェ 子鉄=KOTETSU=」は、店内を鉄道玩具のプラレールが埋めています。

代表で1児の母である加藤栄美子さん(40)に、お店のこだわりを伺いました。

子鉄の外観(2017年4月21日)

子鉄の外観(2017年4月21日)

半年で1万人突破

子鉄は2016年7月に、プラレール満載の遊べるカフェとして開店しました。

半年ほど経った17年1月には来店者数1万人を突破する人気ぶりです。

土日祝日には外まで行列ができるほどの来客があります。

(近くの)あらかわ遊園と一緒に来るお客様が多いです。

定休日も遊園と同じ火曜日にしています。

目を引くのは、プラレールの巨大レイアウト群です。

1階ではタテ1メートル、ヨコ3メートルの規模でレールを組み、幾両もの列車が縦横無尽に駆け巡ります。

1階のプラレールのレイアウト

1階のプラレールレイアウト

1階のプラレールレイアウト

1階のプラレールレイアウト

2階には高さ2メートル以上もあるレールタワーや運転体験ゲーム「電車でGO」(初代機)など、大人でも楽しめる仕掛けが。

階段の大きな窓からは、目の前を通る都電の勇姿を眺められます。

「とにかく電車だらけの世界」をつくることで、飽きさせない空間を生み出しました。

2階のプラレールタワー

2階のプラレールタワー

鉄道グッズの物販や、子供がプラレールで遊べるキッズコーナーもあります。

子鉄の物販コーナー

子鉄の物販コーナー

おむつスペースなど設備も充実

プラレールをコンセプトにした飲食店は、これまでにも全国にいくつかありました。

加藤さんは鉄道好きの息子とプラレールを買ううちに、夫婦もはまってしまったと言います。

以前、保育園で給食をつくっていた調理師の加藤さん。

3年前に荒川区内に引っ越したのを機に開業を考えるようになり、物件を探し始めました。

開くなら、あらかわ遊園周辺がいいなと思っていました。

物件は通り掛かった時にたまたま見つけて。

都電が通っているし、ここだったら夢が叶うと。

こんなに広い物件を借りられたのは、予想外でしたね(笑)

1階のレイアウト

1階のレイアウト

すでに都内にあったプラレールの喫茶店「カフェ プラたく」(葛飾区)の手伝いを受け、準備を進めました。

レイアウトは、「一畳プラレール」で知られるぺたぞう氏や、プラレール動画で人気のちゃん松.com氏の協力を得ています。

1階のレイアウトの一部

1階のレイアウトの一部

最大の特長は鉄道ファンの視点だけでなく、ママ目線を取り入れたこと。おむつ替えスペースやベビーカー置き場など随所に気遣いが光ります。

開店当初にテーブル席だった2階は、子供を遊ばせておきたいという要望を受け、早々に座敷席に変更しました。

私が子育て中の外出で困ったこと、感じたことを解決しようと。

例えば、ファミレスで子供が騒ぐと嫌な顔をする人は少なくありません。

小さい子を連れて来られる店をつくると決めました。

楽しいのはもちろん、パパとママがゆっくりできて会話できる環境を目指しました。

調理師の実務経験は味だけでなく、衛生管理や栄養管理の面で生かされています。

子鉄8

一押しメニューのハヤシカレー

夫の支えを得て

加藤さんの夫も、陰ながら運営を支えています。

常に走らせているため、あっという間に消耗する列車のモーターや電池。旦那さんは会社帰りに立ち寄ると、そそくさと交換して行ってくれるそうです。夜中のうちに飾り棚が出来上がっていたこともありました。

加藤さんの夫が制作したという飾り棚

加藤さんの夫が制作したという飾り棚

「主人が客観的な目線で手伝ってくれて助かっています」とほほ笑みました。

自分が成長したい

開業から1年を前に、加藤さんは「子供が多いので予測不能な出来事がよく起こる。もっと自分が成長して良い接客できるようにしたい」と目標を語ります。

料理を盛り付ける加藤さん

料理を盛り付ける加藤さん

プラレールが走るカフェは、子供だけでなく忙しいママとパパも癒してくれる空間です。

子鉄2

【所在地】東京都荒川区西尾久7-19-11
【電話】03-6807-7513
【最寄駅】都電荒川遊園地前駅から徒歩1分、JR尾久駅から徒歩8分
【営業時間】平日10:30~18:00、土日祝10:00~18:00
【定休日】火曜日

●関連記事:ついに江戸川区にスタバ初出店!東京23区で店舗がない区は荒川区だけに

Posted: |Updated:

Text by 漆舘たくみ

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング