シェア

ワイルド系=生ごみ!“ごみイケメン”を描いた京都市の広報紙が話題

提供:京都市

提供:京都市

まるで少女漫画のような華やかなイケメンたちが、ごみについて解説する自治体の広報紙が話題を呼んでいる。

制作する京都市の広報担当者に、こだわりを聞いた。

ごみイケメンたちが活躍

広報紙「きょうと市民しんぶん」がこのほど、全国広報コンクールで内閣総理大臣賞に決まり、日本一の栄冠を手にした。

紙面には、ごみの妖精というイケメンキャラクターたちのイラストをふんだんに盛り込み、分別方法やリサイクルについてかみ砕いて紹介する。

きっちりスーツが似合うイケメン、ラフなファストファッションが似合うイケメン、開襟シャツのちょい悪風イケメンなど幅広い好みを網羅する。

昨年の2016年6月号 提供:京都市

2016年の6月1日号 提供:京都市

個人作業から企画会議での提案型に

広報担当者によると、編集方針を大きく転換したのは約2年前だ。

編集方針と制作工程の2点で変化がありました。

従来はできる限り市政情報を載せようと情報を詰め込んだため、「文字が多くて読みにくい」といった声を頂いていました。

そんな中、2015年2月1日号で大きく編集方針を変更。

1~3面で特集を組み、特に1面でインパクトのある写真やイラスト、見出しを考えて「思わず紙面を開きたくなる仕掛けづくり」を行いました。

ほぼ同時期に、企画会議も導入したという。

係長を含む6人が「切り口」「ターゲット」「紙面の流れ」などについてアイデアを持ち寄る場です。

以前は毎月それぞれの面の担当者が案件が決まり次第、個人で記事を作成していました。

イラストを使った1面で初めて大きな反響を受けたのは、2015年6月1日号です。

この号の会議で、ごみの分別にもっと関心を持ってほしい若年層にターゲットを絞りました。

あまり関心を持たない方にもアプローチしてみようと、ごみの「擬人化」の意見が出て、アニメ調のイラストを採用するに至りました。

あえて髪の色を奇抜に

擬人化に向け、キャラクター設定にはこだわったという。

企画会議で擬人化の案が出た後、どのようなキャラクターにするか担当者を中心に検討を重ねました。

一般的にあまり好ましい印象を与えない「ごみ」ですが、ギャップやインパクトを持たせようとイケメンキャラクターとなりました。

妖精という設定なので、髪の色などはあえて奇抜なものにしています。

提供:京都市

提供:京都市

新キャラクターも続々登場させている。

2016年6月1日号、同9月1日号でも最初に登場した好青年風のキャラクターと色合いや見た目が被らないように、かわいい系(紙ごみ)、ワイルド系(生ごみ)、和装のミステリアス系(枝ごみ)が誕生。

最新号である17年6月1日号は、環境月間に合わせ、回収した小型家電ごみの一部が来年の京都マラソンの金メダルに再利用されることを紹介しています。

回収を促そうと、放置された小型家電ごみをイメージしたくたびれた印象のキャラクターが、回収によって身なりがきれいになり輝く様子をイラストにしました。

批判覚悟で分かりやすく

日本一に輝いた広報紙だけに、制作に懸ける熱意は並大抵ではない。

市の施策や市民サービスは、市民に伝わって意味を持ちます。広報紙は市民が興味を示し、共感し、行動を促せるよう工夫しています。

時には批判を覚悟の上で、記事を作成することもあります。

毎年載る案件でも同じような記事にせず、常に「どうすれば情報が届くか」を追求し、新たな切り口や手法を考えています。

 

プラスチックごみの妖精 提供:京都市

プラスチックごみの妖精 提供:京都市

一方、行政がふざけていると捉えられないよう、記事の中身・文章にもこだわって作成しています。

また、案件ごとに明確なターゲットを定めることも大切にしています。

イラストが話題になり若い方だけが対象かと誤解されることもありますが、取り上げる案件ごとにイラストや写真の使い方には配慮し、バランスの取れた紙面作成を心掛けています。

今後も面白い仕掛けを

このたび内閣総理大臣賞に輝いたことを受け、あらためて関心を引く紙面づくりを誓う。

ふざけていると受け取られかねない奇抜な紙面も作成することもありましたが、内容がしっかり伝わるよう心掛けてきました。

今後も「読みたくなる」市民しんぶんを目指します。

毎回、何かおもしろい仕掛けをしてくると思って今後の紙面を楽しみにしてほしいですね。

きょうと市民しんぶんのバックナンバーは、2008年度分まで市公式サイトから閲覧できる。

【関連記事】国立市の「ごみ三銃士」ポスターに込められた思いとは…作成団体に詳しい話を聞いてみた

Posted: |Updated:

Text by 漆舘たくみ

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング