シェア

【取材】311の津波で消えたジャズ喫茶再建のため有志が800万円を目標に募金活動

テントで再開した際のジョニー 提供:柳澤昌英さん

テントで再開した際のジョニー 提供:柳澤昌英さん

岩手県陸前高田(りくぜんたかた)市で長年、市民に親しまれるジャズ喫茶がある。

2011年3月11日の東日本大震災で津波にのまれた店舗を復活させようと、今年2月から常連客やファンが「800万円」を目標に資金を募っている。

「ジャズタイムジョニー」の再建を目指す実行委員会代表で、音楽家の柳澤昌英さん(同県奥州市)に経緯を聞いた。

跡形もなく流されて

ジョニーは現在、市内の土地にプレハブの仮店舗を設けて営業している。

被災前は「和ジャズ」(邦楽ジャズ)専門を掲げ、希少品を含む数千枚のレコードが埋める店舗には、日々音楽ファンが集ったという。

30年以上、街の音楽拠点だった店舗はあの金曜日に消失した。

陸前高田市の商店街があった場所 出典元:旅の記録

陸前高田市の商店街があった場所(2011年3月24日) 出典元:旅の記録

ジョニーは駅前から続く商店街を突き当たった右手に位置していて、店舗は跡形もなくすべて流されました。

残ったのは、12メートルの津波が届かなかった高台のみです。

(柳澤さん)

年齢的にローンは難しい

震災から5カ月後の2011年8月、照井さんが避難所から仮設住宅に移住。

翌9月に震災支援を行うNPO法人の協力で、一時的に店舗を設けジョニーを再開した。

テントで再開した際のジョニー 提供:柳澤昌英さん

テントで再開した際のジョニー 提供:柳澤昌英さん

店が一瞬にして消えたのを見た後、それからの現実を想像できないまま「まず集まれる場所をどうしよう」と思っていました。

翌日、避難所でYさんのお母さんから「Yが行けるように、店の準備をよろしくね」と言われた時には、迷いなく「そのつもりです」と答えました。

日々混乱し、会えなくなった人の名が増えていくうちに、気持ちはどうしようもなく揺れましたが、毎日誰かが訪ねてくれて、励ましてくれました。

(照井さん、実行委員会公式サイトより引用)

2012年5月からは、国の支援を受けて現在地に移った。

仮設店舗として再始動してから6年余り。今の場所も撤退期限が近づく。

ジャズタイムジョニー(2013年6月)出典元:Googleマップ

ジャズタイムジョニー(写真奥から2店舗目、2013年6月)出典元:Googleマップ

2019年冬には被災前の照井さんが持っていた土地の代替として国から高台の土地が提供されるが、建物は自力で再建しなければならない。

店主(照井さん)の年齢的にも住宅ローンなどの大きな借金は難しく、自己資金も乏しいのが現状です。

ジョニーは憩いの場所として、ライブや交流会などを通して地方の情報発信場所としての役割を担ってきた所。存続を願う地元ファンと全国のジャズファンの中から有志が集い、建物建築費用の募金を始めました。

(柳澤さん)

建築資材の高騰などで全額は賄えないが、建設会社からアドバイスを受けつつ少しでも安く抑えようとしている。

地方の文化拠点を支えたい

募金は店舗兼住宅の建設費の一部となる。仮設店舗の契約期限が迫り、「夢を語る余裕はありません」と話す。

柳澤さんは近年、資金を集める手法として定着しつつある、出資額に応じて特典を受けられる「クラウドファンディング」とは異なると強調する。

集まった金額を考慮しながら、まず建てることが目標です。

この募金は、個人が個人を助けるために立ち上げたもので、クラウドファンディング等とはまったく性格の違うものです。見返りは何もありません。

もちろん、店舗が完成しご協力頂いた方が再建した店を訪問してくれた暁には、最大限のおもてなしをさせて頂きます

しかし、料金などでサービスさせて頂くことはできません。

建設予定地の高台 提供:柳澤昌英さん

建設予定地である造成中の高台(写真奥) 提供:柳澤昌英さん

店舗が復活して初めて照井さん自身の再スタートとなり、メニューやコーヒーのひとつひとつの売上が生活を支える糧になる。

建物の完成はゴールではない。

5月末時点で、募金は約200万円が集まっているという。

実行委員会ページから振込用紙をダウンロードできる。募金詳細は公式サイトを確認してほしい。

ただ大都市に人が集中し、地方の衰退が激しい現在、地方で文化を支えて情報を発信していく 拠点作りは本当に大事なことだと考えています。

地元の方々の交流の場所として今まで通りライブを開催できるように、どんなに小さくとも店を存続させるよう実行委員会一同で頑張っています。

そのことをご理解頂いた上で、募金にご協力ください。よろしくお願いいたします。

※写真は、柳澤昌英さんの許可を得て掲載しています。

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking