シェア

アクロバットなお座敷遊び!名古屋「しゃちほこポーズ」のコツを聞いてみた

提供:NPO法人大ナゴヤ・ユニバーシティ・ネットワーク

提供:NPO法人大ナゴヤ・ユニバーシティ・ネットワーク

名古屋市の芸者さんたちの間で脈々と受け継がれてきた「しゃちほこ踊り」に11月11日、一般から応募した女性50人が挑みます。

踊りの締めに身体を反らせる“アクロバットなお座敷遊び”について、実行委員会に取材しました。

名古屋の芸妓さんは習得必須

この企画「しゃちほこチャレンジプロジェクト」は、10月28日から市内で開かれている文化イベント「やっとかめ文化祭2017」の一環です。

文化祭では、伝統芸能を身近に見ることができ「まちなか寺子屋」では体験ができます。

その中でもう1歩踏み込んで何かできなかと考え、実際に自分で体験し、発表できたらおもしろいなと考えついたのが、名古屋の芸妓さんのお家芸“しゃちほこ”でした。

見た目のインパクトもありますが、しゃちほこのポーズだけではなく、舞踊の一部で踊りも学べます。

ポーズは頭と腕を支点に、体操の「三点倒立」の要領で背中を反らせて両足を天高く上げ、名古屋城の象徴・金の鯱(しゃちほこ)を再現します。

出典元:やっとかめ文化祭2017

提供:NPO法人大ナゴヤ・ユニバーシティ・ネットワーク

いつごろ始まったのかは不明だそうですが、料亭などで親しまれてきた芸者さんの名物芸だそうです。

名妓(めいぎ)連組合では「習得必須」。新人はまず、この稽古に励むという特別な位置づけの芸です。

芸歴50年を超える方にお聞きしたところ、その方が入った時には、すでにしゃちほこはやっており、遅くとも戦前にはあったそうです。

裾はしっかり折り込んで

このしゃちほこ踊り、服装の動きにくさを除いても体幹の維持が難しいように見えます。コツはあるのでしょうか。

蹴り上げたり、腕力まかせに体を押し上げたりするのではなく、地面に手をつき、ひじのあたりに体重を乗せながら、頭を遠めにおくイメージで顔をつけば「おのずと下半身が浮く」感覚になります。

手ぬぐいで結んだ「しゃちほこリング」を使う裏技もあり、両ひじが固定されることで体を支える「支柱」がしっかりします。

着物で行う場合は、裾がめくれないように脚の間にしっかり着物を挟み込むように注意してほしいです。

提供:やっとかめ文化祭実行委員会

提供:やっとかめ文化祭実行委員会

20~50代の人が参加「踊りにも注目を」

現在、参加者は、日本舞踊西川流四世家元の西川千雅氏によるお稽古を終えて本番に備えています。

参加者は、20代〜50代まで幅広く、多くのかたがしゃちほこができるようになっています。

最後の”しゃちほこ”はもちろんですが、そこに至るまでの踊りにも、注目して欲しいです。

成果は11月11日(土)正午から、名古屋市中区本丸の名古屋城二之丸広場でお披露目されます。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 漆舘たくみ

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング